僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はお金が必要です!

ご飯をみんなで食べてから、僕が奴隷を買った理由を話すことにした。

「君たちはこれから僕たちが作る店の店員になって欲しいんだ」

僕はもう一度奴隷を買った理由を述べる。

「店ですかね?」

「なんの・・・ですか?」

2人共なんの店をやるのか不思議に思っているようだ。

「それは何でも屋だ!」

「どういうことですかね?」

最初はご飯屋さんにしようと決めていたけど後々になって何でも屋の方がいいということになった。それは僕達が旅に出るからだ。僕たちが色んなところにいってその場所で買ったものなどをここで売ればいいんじゃないかと思ったからだ。僕たちの何でも屋は何でもするんじゃなくて何でも売るというタイプの店に決定したのだ。

「そういうことですか、わかりましたです」

「わかったね、頑張るね!」

2人はやる気満々になってくれたのはいいのだが

「でもすぐにはできないんだ」

「なんででしょうか?」

2人は僕の言葉に疑問を思い首をかしげる。

「それは金がないからだ!」

店をやるには金が必要になる。だけど僕たちの金は奴隷の2人を買ったことで底をつきかけていた。

「それで僕たち5人はギルドに行き依頼を受ける、その間に2人には作ってもらいたい物があるんだ」

僕たちが明日ギルドに行き依頼を受けて達成し金を稼いでいる間に2人には作ってもらいたい物があった。

「それはプリンだ!」

僕は知識だけはある。だが料理はしたことがないので2人に任せることにした。もしかしたらこの2人とも料理ができないなんてことになったら一大事だけど。

「はい!料理なら任せて欲しいね!」

「大丈夫です、任せてくださいです!」

2人とも料理は出来るようで安心して2人に任せることができる。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く