僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は依頼を受けて鉱山に向かいました!

僕とティナとキユとソラとケルの5人はギルドの依頼を受けて鉱山に来ていた。他の2人にはプリンや他の料理の練習をしてもらっている。

「今回はあんまり派手なことは出来ないな」

今回の依頼は鉱山にいるアリの討伐だ。鉱山に来ているので大きな魔法や技などで鉱山を傷をつけてしまっては崩れてしまう可能性がある。これは受付嬢のシーラさんから注意として聞かされていた。もし鉱山を崩してしまうと金を払わなければならなくなる。だがこの依頼は制限などがあるので依頼料が他のより多めなのだ。

「だから4人とも気をつけてくれよな」

僕は鉱山を崩してしまわないように4人にも注意するように言っておく。

「わかってるのじゃ!」

「わかったの!」

「大丈夫だよ!」

「任せるっち!」

少しだけ心配だが4人を信じることにして鉱山の中に入りアリを討伐しにいく。

「《武装纏装》」

鉱山には入る前から武装纏装を唱えておくことにした。これはもしも本当にもしも鉱山が崩れた場合に僕の体を守るのと同時に他の4人を素早く救出するためだ。

(これなら崩れても大丈夫なのじゃな!)

「だから崩したらだめだから」

僕は鉱山を崩してしまわないようにアリを見つけるために鉱山の奥に進んでいく。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く