僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は奴隷と仲良くなりました!

「おっと、そのまえにやることがあったな!」

ご飯の準備に取り掛かる前に一つだけやることがあった。

「君たちの怪我と呪いを消しておこう」

この奴隷の2人は怪我と呪いがかけてあってのだ。焼き鳥屋に寄り道をするまでは覚えていたんだけど今まで忘れてしまっていた。

「解除出来るんだね?」

「出来るのですか?」

2人は僕のことを疑いの目で見てくるので早速解除するために魔法を行使することにした。

「それじゃいくよ!《パーフェクトヒール》」

《パーフェクトヒール》は本当に完全回復魔法で死んでいない限りは回復させることができる凄い魔法だ。

「え?え?治ってるね!」

「治りましたです!」

2人は本当に回復できたことに驚いたがそれは一瞬だけですぐに僕に対して感謝してきた。

「「これからはご主人様には絶対の忠誠を誓います!」」

2人はそんなことを僕に言ってくれるのだが呪いや怪我を回復させただけでそんなことを言われるとは予想外だった。少しでも気を許してくれればいいかなと思っていただけなのにな。

「「そんなことはないです!呪いは睡眠時に酷い悪夢を見せたりと本当に酷い呪いなどをかけられてました!」」

2人にかかっていた呪いは本当に酷い物で悪夢を見せる呪いやずうっと痛みを与える呪いなどの呪いをかけられていた。

「そ、そうだったのか、それじゃご飯にするから座っておいてくれ」

「「わかりました!」」

2人は僕の言うことを聞いてご飯が出来るまでじいっと席に座っていた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く