僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は奴隷と自己紹介をしました!

僕たちは家に帰ると自己紹介を始めた。

「僕は君たちの主人となったレイクだ、よろしくな!」

「妾は精霊の王のティナなのじゃ!」

「キユはキユなの!よろしくなの!」

「僕はソラ!これからよろしく!」

「儂はケルっち!2人ともよろしくっち!」

まず始めに僕が自己紹介をしてから4人が僕に続きて自己紹介を終えた。

「ヤルナですね、よろしくね」

「・・・カフィーです、よろしくです」

2人は簡単に名前だけを言って自己紹介を終えた。

「これから君たちには店を作った時の店員になって欲しいんだ!」

僕が喋り出すとびっく、と震えたが店の店員になって欲しいんだと言った驚いたような顔をした。

「店員ですね?夜の相手じゃなくですね?」

「夜の相手しなくていいのです?」

「そうだよ、夜の相手はしなくて大丈夫だよ」

2人は夜の相手をしなくていいとわかると目に見えるほど安心したのがわかる。普通は女奴隷を買うのは夜の相手をするためだからなので2人もそういうことを考えていたのだろう。

「ぐぅぅぅぅぅぅ~~」

2人のお腹から音が鳴った。2人とも安心して気が抜けてお腹が鳴ったのだろうか。

「それじゃご飯の準備取り掛かろうか」

僕は2人がお腹減っているようなのでご飯の準備に取り掛かることにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く