僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は奴隷を買いました!

僕たちは今あるお金の9割近くを払って2人の奴隷を買った。

「それでは契約を開始します」

ピエロが呪文を唱え出すと2人の奴隷と僕の体が光り出した。

「これで契約はおしまいです」

僕と2人の奴隷との間に契約が体に記されたのだ。目に見えることはないが奴隷商人などには見えることが出来るのでどの奴隷がどの主人に仕えているかなのがわかるそうだ。

「それじゃ帰ろっか」

僕は2人を連れて奴隷商を出て家に帰ることにした。

「またのご利用お待ちしております」

ピエロに一礼して奴隷商を出た。

「それじゃ家に帰るけど大丈夫?」

コクコク

2人の奴隷は先程から喋ることなく頷くだけだった。

「治療は家に帰ってからにしょう!」

ここで《パーフェクトヒール》をしても構わないが誰が見ているのかわからないし変に目を付けられたくはないので2人には我慢してもい家に帰ってから治療することにした。

「ん〜お腹減ったよ〜」

家に帰る途中にソラが美味しそうな匂いを漂わせている屋台のところに向かった。

「主これかってよ〜」

僕は周りを見る。ティナもキユも奴隷の2人も食べたそうに僕を見つめていた。

「それじゃ7本買うか」

僕はみんな食べたそうにしていたので焼き鳥をみんなの分を買うことにしたい。

「美味しいのじゃ!」

「美味しいなの〜」

「美味しいよ〜」

「うまいっちよ!」

ティナとキユとソラとケルの4人は美味しそうに食べる。

「どうしたんだ?食べないのか?」

奴隷の2人は食べようとしていなかったので食べたくなかったのかと思って聞いて見る。

「別に食べてもいいんだぞ」

僕が何度も食べて大丈夫なことを伝えると2人は恐る恐る口に近づけて一口食べた。

「全部食べていいよ」

2人は僕の方を見て目でまだ食べてもいいのかと聞いているような感じがしたので全部食べていいよと伝えると2人は凄い勢いで焼き鳥を食べ終えた。

「それじゃ今度こそ帰ろうか」

みんなが焼き鳥を食べ終えるのを確認して僕たちは家に帰えっていった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く