僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は森で新たな従魔が出来ました!

「それじゃ私は帰るね」

エステリアは森の調査も終わったので僕たちと別れた。

「そろそろだな」

スケルトンキングは僕が従魔契約を結ぶと気絶して意識を失っていたので意識が回復するまで森からは出ずに回復するのを待っていたのだ。

「コツコツコツ」

スケルトンキングは意識を取り戻して起き上がった。

「大丈夫か?」

僕は急にスケルトンキングが暴れ出してもすぐに対応出来るように構えながら声をかける。

「コツ」

スケルトンキングには僕のいった言葉が通じているのか首を縦に振った。

「うぅぅ、まぶし!」

急にスケルトンキングが光り出した。

「初めてだっち、儂はケルっち!」

光が収まるとスケルトンキングは骨から人に変化していた。

「人化か、」

「そうだっち!よろしくっち!」

スケルトンキングが人化すると白い髪に白い瞳の少女になった。

「なんかイメージと違うな」

「そうっちか?まぁこれからはよろしくっち、レイっち」

「あぁ、よろしくな、ケル」

僕の新たに従魔になったスケルトンは自分のことを儂と言うが言葉の最後にっち!とか付けたりしてお年寄りなのか若いのかわからない少女だった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く