僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は森の異常を解決しました!

「どうすれば、、」

僕はスケルトンをどうすればいいのか悩んでしまう。

(どうしたのじゃ?)

僕が考え事をしているのに気づいてかティナが声をかけて来た。

「なんとなくなんだけどあのスケルトンキングが吠えているときに僕には泣いているように聞こえるんだよ」

(あのスケルトンキングが泣いているじゃと?)

「そうなんだ、なんとなくなんだけど、そう感じるんだ!」

(ガハハハハ、面白いのじゃ!それなら助けてやればいいのじゃよ!)

「助けてやる?どうやって?」

(従魔にすればいいのじゃ!)

「そうか!」

僕はティナの提案に乗ることにした。従魔にすると僕とスケルトンキングに線が出来ると従魔と意思疎通することが出来るようになる。それによってスケルトンキングがどうしたいのかを読み取りそれで悪いことを考えているのであればその時に倒せばいいし、僕が感じているように泣いているようであれば助けてあげればいい。

「ソラ、エステリア、サポートしてくれ!」

「わかったよ!」

「わかったわ!」

僕はさっそく契約をするためにスケルトンキングの近くに寄らなければならないので周りのスケルトン達の相手を2人にしてもらうことにした。

「それじゃいくよ!《炎刀》」

従魔の契約をするためには相手の同意を得るのが1番いいけど一方的に契約をすることもできる。その時には相手に抵抗させないようにするために多少の攻撃を与えてなければならない。

「ちっ!硬いな!」

スケルトンにダメージを与えようとすると見えない壁に弾かれてしまった。

「黒刀ブラック《解放》そして《ブラックスラッシュ》」

一度では結界を壊すことが出来なかったので何度も《ブラックスラッシュ》を放つ。

「まだまだ!《ブラックスラッシュ》《ブラックスラッシュ》《ブラックスラッシュ》」

バリーーーン

「よし!届け!《ブラックスラッシュ》」

結界が壊れてスケルトンキングが無防備になったので直接ブラックスラッシュを放ちダメージを与えるとすかさずに契約を結ぶ。

「消えたなの!」

僕がスケルトンキングと従魔の契約を結ぶとこの森にかけてあった魔除けの結界がなくなりキユが元気になった。

「これで解決ね、それにしても疲れたわ」

スケルトンキングが召喚したスケルトン達は光になって消えていったのでエステリアはその場に座り込んだ。

「そうだね少し休憩するか」

僕は疲れた体を癒すために《無限の黒箱》からハチミツを取り出してみんなで甘いと言いながら食べた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く