僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は森で戦いました!

コツコツコツ、コツコツコツ

スケルトンは骨をコツコツと鳴らしながら僕たちに襲いかかって来た。

「いくぞ!ティナ!」

「了解なのじゃ!」

「《武装纏装》」

僕は武装纏装を唱えてスケルトン達を迎え撃つ。

「私もいくよ!《ストライクアロー》」

エステリアは持っていた弓を構えてスケルトンに向かって矢に魔力を纏わせ放った矢はスケルトンを一撃で砕いていた。

「おりゃぁ、おりゃぁ、おりゃあ!」

ソラは武器を持たずに力を込めてスケルトンを殴っていた。

「まだまだ大丈夫だよ!」

ソラは余裕があり楽しそうにスケルトンを殴って砕いていた。

「キユも戦うなの~」

キユは振り落とされないように僕の服の中に入っていたが戦おうとして出て来ようとするが力を出せないような状態では万が一ってこともあり得るので服の中で大人しくしていてもらうことにした。

「ギャァァァァァァぁぁぁ!」

スケルトンキングが再び吠えるとまたスケルトン達が召喚された。

「キリがないな!」

倒しても倒しても召喚されては無駄に消耗するだけになってしまう。

「召喚している本体のスケルトンキングを倒すしかないね!」

エステリアはスケルトン達を召喚しているスケルトンキングに攻撃しようと《ストライクアロー》を放つが、

ガギーン

スケルトンキングの見えない壁に弾かれてしまった。

「え?なに?なんで?」

エステリアは見えない壁に弾かれて驚いた表情になる。

(あれは結界じゃな、恐らくこの森に魔除けの結界を張ったのもあやつで間違いないのじゃ)

ティナがスケルトンキングの見えない壁について教えてくれる。

「だけどな、このまま倒すのも・・」

スケルトンキングがスケルトンを召喚するときに吠えるように叫ぶが僕には泣いているように見えてしまう。確証はないが僕には泣いているように見えるのでこのまま倒仕切る事が出来ない。

「どうすれば、、」

僕はスケルトンキングをどうすればいいのか向かってくるスケルトンを捌きながら考える。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く