僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕たちは森で異常の原因を見つけました!

「ここがこの森の異常の元よ!」

僕たちはエステリアに先導してもらい森の異常の発生原因の元にたどり着いた。

「これが異常の元なのか?」

「そうよ!」

僕たちがたどり着いた場所には一体のモンスターがいた。

「あれはなんだ?」

エステリアが異常の元と指差した先には一体のスケルトンがいた。だけど普通のスケルトンとは違い骨が黒く王冠をかぶっていた。

「あれはスケルトンキングだよ!」

エステリアは一体の黒く王冠をかぶっているスケルトンを指差しあれをスケルトンキングだと言った。

「あれがスケルトンキングなのか?」

僕はスケルトンキングって言われてもよくわかないけどキングって名前に付いているから強そうに聞こえる。

「スケルトンキングはスケルトンの王だから普通のスケルトン達を召喚することが出来るんだよ」

スケルトンキングは配下となるスケルトンをたくさん召喚する事が出来るらしい。

「でも、なんかおかしくないか?」

なんかスケルトンキングは普通の状態ではないような気がする。

「ギャァァァァァァぁぁぁ!」

スケルトンキングが吠えると周りからスケルトン達が召喚されていく。

「ちっ!やるか!」

「そうだね!」

僕達はスケルトンを倒すために戦闘態勢に入る。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く