僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は森で出会いました!

「ここも異常なしっと」

僕たちは森の中を歩き回り森の中に異常があるかないか確認していた。

「それにしても退屈じゃな~」

「そうだよ!退屈だよ!」

ティナとソラは森を歩き回ることに飽きだしてきた。

「頑張るなの~!」

キユは人化をやめて僕の頭に上に上っていた。

「ん?人の気配がするのじゃ!」

ティナが突然人の気配を感じ取った。

「どうしたんだ?」

「近くに人が隠れているのじゃ」

僕たちはティナの言う通りに従い周りに人がいるか警戒して確認して見る。

「わ、みつかっちゃった!」

僕たちが周りを警戒していると1人の少女が姿を現した。

「あちゃ、みつかっちゃったよ~」

木に隠れていた少女は見つかったのが分かると僕たちの前にまで来てくれた。

「君は誰なんだ?」

僕は聞かなくても分かるが一応聞いておくことにした。

「私はエステリア、この森の調査に来たエルフよ」

僕たちの前に姿を現したのはエルフだった。

「なんでこんなところに?」

「それはこっちのセリフだよ、貴方達こそここにどうやって来たの?」

エステリアと名乗った少女は僕たちがこの森にいることに信じられないっといった様子だった。

「僕たちは普通にこの森に入れたよ、そして僕たちはギルドの依頼でこの森を調査しに来たんだ」

「そうだったの!それじゃ私も手伝ってあげるよ!」

僕たちの森の調査に1人のエルフ、エステリアが加わった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く