僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は悩みを聞きました!

「へぇ〜そうなんだ〜」

僕はまだエルフを直接みたことはなかったがサクラの長い耳を見て僕とは違う耳をしているので不思議に思ってジロジロ見てしまう。

「へ、変じゃないかな?」

サクラは僕の顔をチラチラ見ながら聞いてきた。

「別に変じゃないと思うけど」

サクラの耳は僕と違うので不思議に思っていただけで変だとかそんなことを思ったりはしない。

「そ、そうかな?」

僕の返答を聞くと安心したような表情になった。

「わ、私は生まれた時から孤児院にいたんだ」

サクラは自分の生まれた話を話し始めた。

「私はハーフエルフだかは周りの人と違ってバカにされたこともあったの、だからあんまり他の人に耳を見られたくなかったの」

サクラは他の人と違う耳を気にしていたみたいだ。

「大丈夫だよ、サクラの耳はそんなに変じゃないよ」

僕はサクラの頭をポンポンと叩く。

「うん、ありがとう!お兄さん」

「それじゃサクラも遊んできなよ」

「うん!」

サクラは笑顔でキユとソラ達が遊んでいる輪の中に入っていった。

「僕はご飯の準備でもはじめるかな」

僕は家の中に戻りご飯の準備に取り掛かる。

「すいません!」

僕がご飯を作っているとシスターさんが家にやってきた。

「大丈夫ですよ、せっかくご飯も作ったので食べていってください」

僕は子供達の分のご飯も作っておいたので子供達にご飯を振る舞うことにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く