僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は孤児院の人と出会いました!

「ふわぁ〜家は落ち着くなぁ〜」

「そうじゃの〜」

「そうなの!」

「落ち着くよ〜」

僕たちは家でくつろぐ。

「それで何かあった?」

僕はチユに家で何か出来事があったか聞いてみると、

コクコク

「え、そうなのか」

僕はチユに名前をつけてあげたことによってチユの伝えたいことがなんとなくわかるようになった。

「どうやら僕とティナが作った遊具が注目されているみたいだな」

「どうやらそのようじゃな」

ティナは家の外を見ていた。そこにはたくさんの子供達が遊具を見ていた。

「一緒にあそぶの!」

「大勢の方が楽しいよ!」

僕は家の外で遊具を見ている子供たちの所に向かった。

「君達も一緒に遊ぶ?」

「いいの!」

僕は子供達に遊具で遊ぶか聞いてみると直ぐに返事をして目をキラキラさせた。

「それじゃあの2人に遊び方を聞いて喧嘩しないようにね」

僕はそう言うと子供達を遊具の所にまで連れて行ってキユとソラの2人に子供達に遊具の遊び方を教えてあげてと言って子供達を任せることにした。

「それじゃ一緒に遊ぶの〜」

「こっちも教えるよ!」

2人は楽しそうに笑いながら子供達に遊具の遊び方を教えていく。

「これを見ているとなんか癒されるな」

「そうじゃな」

子供達が楽しそうに遊んでいる姿を見ると微笑ましい。

「すいません、」

家の外から大人の女性の声が聞こえてきた。

「はーい?」

「ありがとうございます、子供達を遊ばせてもらって」

「構いませんよ」

家の外にいたのはシスター服を着ている女性だった。

「ところであなたは?」

「私は子供達を保護している孤児院のシスターです」

僕の予想通りこの人はシスターだった。

「どうぞ、お茶でも飲んでください」

「ありがとうございます」

僕は椅子とお茶を用意した。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く