僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は王都に帰ってきました!

「ふぅ~やっとついた!」

「着いたのじゃ!」

「着いたの!」

「着いたよ!」

僕たちは馬車の中でオセロをしながら揺れられていた。

「ありがとうございました」

「またのご利用をお願いします」

僕は御者の人と別れて自分の家に帰ることにした。

「はぁ~久しぶりだな!」

「そんなに経ってないのじゃ」

「早く家に帰りたいなの~」

「ゆっくりしたいよ~」

僕たちは真っ直ぐに寄り道せずに家に向かっていった。

「ようやく着いた!」

「やっとなのじゃ」

「着いたの!」

「遠いよ!」

僕の家はこの街の端のほうにあるのでこの街の入り口より遠いのだ。

「ただいま、キャラービー」

「ただいまなのじゃ」

「ただいまなの」

「ただいまだよ!」

コクコク、コクコク

家に帰るとキャラービー達が迎えてくれた。

「これお土産だよ」

僕はみんなが買った花を取り出した。

「これは妾からじゃ!」

「これはキユが選んだの!」

「これは僕からだよ!」

3人はそれぞれキャラービー達に花を手渡した。

コクコク、コクコク

キャラービー達は凄い勢いで首を縦に動かして花を植えにいった。

「ちょっと変わった?」

僕の元に一匹だけキャラービーが残っていた。残っていたキャラービーは行く時にペンダントを上げたキャラービーだった。

「本当じゃな、これはキャラービー達の女王じゃな」

このキャラービーはこのキャラービー達のリーダー、クイーンキャラービーになっているとのことだ。

「そっか、それじゃこの子には名前をつけて上げようか」

「賛成じゃな」

「キユも考えるなの!」

「僕も考えるよ!」

僕たちはクイーンキャラービーの名前を考えることにした。

「ん〜クイはどうだ?」

僕はクイーンキャラービーにクイという名前はどうか提案する。

「ダメじゃダメじゃ、メニアの方がいいのじゃ」

ティナはメニアという名前を提案する。

「キユは〜チユがいいなの!」

キユはチユという名前を提案する。

「僕は、ん〜考えきれないよ」

ソラは考えてもいい名前を思いつかなかったようだ。

「どれがいいかな?」

僕はクイーンキャラービーにどの名前がいいのか選んでもらうことにした。

コクコク

「やったなの〜!」

キャラービーが選んだのはキユだった。

「それじゃこれならは君はチユだ」

コクコク

チユはキユの頭の上に乗った。

「それじゃそろそろ家に入ろうか」

僕たちは家の中に入っていった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く