僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は貿易都市を出ました!

「はぁ〜もう朝か〜」

僕は朝早くに1人で起きた。

「まだみんなは寝てるのか」

まだ朝早いので3人は眠っていた。

「はぁ〜まだ眠たいな〜まだ早いし二度寝するか」

僕は朝早くに起きてまだ眠かったのでもう一度眠ることにした。

「・・・・じゃ!」

ん?何か声が聞こえる気がするな。

「・き・のじゃ!」

やっぱり声が聞こえてくるな。

「起きるのじゃ!」

「はっ!」

聞こえてきたのはティナの声で僕を起こそうとしていたようだ。

「レイクもう朝なのじゃ!」

「もう朝なのか、、」

「早く帰る準備をするのじゃ!」

「わ、わかったよ」

僕は二度寝していると寝過ぎて予定の時間を過ぎていたらしい。

「準備まだなのー?」

「僕はもう終わってるよ!」

「ごめん、ごめんすこし待って!」

僕は急いで服を着替えて宿を降りて行く。

「それじゃ向かおうか」

「それじゃな!」

「いくなの!」

「いくよ!」

僕たちは王都に帰るために馬車を借りに向かう。

「それじゃお願いします」

「はいわかりました」

僕は王都に向かう馬車に乗せてもらえることになった。

「それじゃ行きますよ!」

「はい!」

「いくのじゃ!」

「いくなの〜!」

「いくよ!」

御者の掛け声で馬車は王都に向かって出発した。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く