僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は貿易都市でドラゴンと決着をつけました!

「ぐぁぁぁー!」

僕はドラゴンのブレスを直接くらってしまった。

「ご主人様!」

「主!」

2人が僕のことを呼ぶ声が聞こえるが返事を返すことが出来ない。

グルルルゥゥゥ!

ドラゴンは僕にようやくブレスを食らわすことが出来て笑うようにして吠えていた。

(大丈夫か、レイク!)

ティナが僕のことを心配して何度も僕に大丈夫かと言ってくる。

「だ、大丈夫だよ」

僕は3人に安心してもらうために自分が大丈夫だということを伝える。

「ご主人様はキユが助けるの!」

「主は僕が守るよ!」

2人が僕の前に出てドラゴンから守ってくれるように立ちはだかってくれる。

「ぼ、僕は、大丈夫だから2人は下がっていてくれ!」

僕は2人に後ろに下がってくれるように声をかける。

「でも!」

「だって!」

2人はそれでも僕の後ろに下がらない。

「本当に大丈夫だから!僕を信じて!」

僕は2人にドラゴンを倒せる算段がついたので2人には僕を信じてくれるように伝える。

「信じてくれ!」

「わかったの!」

「わかったよ!」

2人はようやく後ろに下がってくれた。

「それじゃいくぞ!ティナ!」

(任せるのじゃ!)


僕はドラゴンと戦う前にティナとある事を話していた。

(今のレイクじゃどうしても勝つことは出来ないのじゃ、だから新たな力を手に入れる必要があるのじゃ、その力は《精霊王の覚醒》じゃ!)

(精霊王の覚醒?)

(そうじゃ精霊王の覚醒は精霊の中でも強い力を持っていないと使えない王の技じゃ!)

(そんな技があるのか、)

(じゃが、今のレイクの力では使えないのじゃ!だから足りない力を黒刀ブラックで吸収すればいいのじゃ!)

ティナが言うには僕がドラゴンを倒すためには精霊王の覚醒と言うものを使わないといけないらしい。だが今のままでは使えないらしい。そのために黒刀ブラックの能力の吸収を使って足りない分の力を吸収すると言う作戦なのだ。

これが僕とティナが話し合って決めた作戦だった。


「これでいくぜ!《精霊王の覚醒》」

僕が精霊王の覚醒と唱えると僕の体を黒い光が僕を包む。

「まぶしいなの!」

「な、なんだよ!」

近くにいた2人が僕の体を包んだ黒い光に驚いている。

「はぁぁぁぁ!」

黒い光が収まると僕の格好は変わっていた。

「これが僕の新たな力!」

僕の格好は布のような物から金属の様な物が付いて僕の格好は軽装備の騎士の様な感じになっている。

「よし、一撃で決める!」

僕は一撃で決めるために力を溜める。

グルルルゥゥゥ!

ドラゴンも僕が力を溜めているのに気づいてブレスを溜め始めた。

「《ブラックストリームバースト》」

グルルルゥゥゥ!

僕の必殺技とドラゴンのブレスがぶつかる瞬間に僕のブラックストリームバーストがドラゴンのブレスを一瞬にして吸収してドラゴンに向かっていった。

「これでもう大丈夫だな!」

僕のブラックストリームバーストはドラゴンを傷つけることなくドラゴンの中にあった邪悪な気配だけを吸収した。

グルルルゥゥゥ

ドラゴンは正気に戻ったのか僕に頭を下げてどこかに飛んでいってしまった。

「はぁ、はぁ!」

僕はティナを武装纏装を解く。

「それじゃ戻ろっか」

僕はすごく疲れたので宿に戻る。

近くにいた冒険者達は呆然としていた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く