僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は貿易都市でドラゴンと遭遇しました!

「あれがドラゴンか!」

僕たちが向かった先にはドラゴンがいた。

「あれはなかなか強いのじゃ」

「あれは強そうなの〜」

「あれは強いよ」

3人もドラゴンを見て強いと言った。確かに僕も強そうだと思う。だって大きいし口から火を吹いてるもん。

「それでどうするのじゃ?」

ティナが僕に再度どうするのか聞いてきた。

「そうだな、ちょっと様子を見てみようか」

貿易都市から冒険者たちが出てきた。

「おら!気合いを入れろよ!」

「おぉぉぉーーー!!」

冒険者達は貿易都市を守るために出てきたようだ。

「あれで勝てるのかな?」

「ん〜無理じゃろな」

ティナは未だ貿易都市から冒険者達を見てそう断言した。

「ドラゴンと人間が戦うには数も必要じゃが質も大事なのじゃ、どれだけ数がいても勝てないのじゃ」

ティナは数が必要じゃなくて質が必要だと言った。

「なぜならドラゴンの鱗は硬いのじゃ」

ドラゴンにはとても頑丈な鱗がありそれをどうにかしないとダメージを与えられないし倒せないそうだ。

「それにあのドラゴンは操られているのじゃ」

「え?」

「そうじゃないとドラゴンは無闇に襲ったりしないのじゃ」

ティナが言うにはドラゴンは普段温厚なのだそうだ。だから手を出さなければなにもされないし危険はないのだそうだ。

「あのドラゴンから邪悪な気配を感じるのじゃ」

「キユも感じるの!」

「僕もだよ!」

3人はドラゴンから邪悪な気配を感じ取ったようだ。

「そうなのか、」

僕はそんなものを感じることが出来ないが3人が言うならあのドラゴンは邪悪な者に操られていることは確かなのだろう。

「それじゃ、戦おっか」

僕はあのドラゴンが操られていると知って戦うことを決めた。

「なぜなのじゃ?」

「それは助けてあげたいからかな」

「今のレイクでは勝てるかわからんのじゃぞ」

「それでも僕は行くよ!」

「わかったのじゃ!」

「キユも行くの!」

「もちろん僕もだよ!」

「ありがとう!」

僕のわがままにみんなが付いてきてくれるようだ。

「よし!」

僕はあのドラゴンを助けるために行動を起こすことにした。


「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く