僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は貿易都市でトラブルに巻き込まれました!

「ふぅ~疲れたな」

僕は宿に戻って来て買い物の疲れを取るためにベッドに倒れこんだ。

「楽しかったのじゃ!」

「楽しいなの~!」

「楽しいよ!」

3人もベットに倒れこんできた。

「そうだね、楽しいかったね」

「少し休憩したらまた向かうのじゃ」

僕たちは休憩しながら楽しく話していると

カン、カン、カン、カン、カン

「なんだ?」

「なんじゃ?」

「なのなの?」

「なによ?」

鐘の音が聞こえてきた。

トントン

「お客様ドラゴンがこの都市に攻めてきました!」

僕たちの部屋がノックされて入ってきた女将さんに避難勧告が出たことを伝えられた。

「それでは私は他のお客様に知らせますので」

女将さんは僕たちの部屋から出て他に泊まっているお客のところに向かった。

「ティナ、ドラゴンって?」

僕はティナにドラゴンについて聞いてみる。

「ドラゴンとは強い種族じゃ!」

「・・・・終わりか!?」

「そうじゃ、それだけじゃ!」

ティナのドラゴンについての説明だけじゃわからなかった。

「ちょっと様子を見に行って見るか」

僕は避難勧告が出たと言われてもどうしたらいいのわからないしとにかく都市の様子を見に行くことにした。

「おぉ、これは、、」

僕が宿に出て見ると道には人が急いでどこかに向かっていた。

「ドラゴンてそんなに危険なのか?」

「そうじゃの、どんなドラゴンによるがどのドラゴンも人間に比べるとすごく強いのじゃ」

「そうなの?」

「そうだよ!ドラゴンは強いんだよ!」

キユはドラゴンのことを知らないみたいだったがソラはドラゴンのことを知っている見たいだ。

「どうくるのじゃ?」

「とりあえずドラゴンを見に行ってみようか、それでどうするか考えよう」

僕はなにをするにもまずドラゴンを見て決めることにした。

「わかったのじゃ!」

「行くなの!」

「仕方ないよ!」

僕たちは人々が逃げる方向とは反対側にドラゴンがいると推測して僕たちは流れに逆らうように反対側に向かった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く