僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はダンジョンから出てきました!

「帰ってこれたか!」

僕は魔法陣に乗ると気がつくとダンジョンの外に立っていた。

「本当に帰ってこれたのじゃ!」

「すごいの〜」

「本当だったのかよ〜」

みんなもダンジョンから帰ってこれたことを驚きながらも喜んでいた。

「それじゃギルドに向かおうか」

僕はダンジョンで取れた魔石を売るためにギルドに向かった。

「それじゃシーラさんお願いします」

僕はギルドの中に入るとシーラさんが受付にいたのでシーラさんのところに向かった。

「あら、魔石がたくさんあるのね〜」

僕は《無限の黒箱》から今回ダンジョンで取れた魔石を取り出して渡していく。

「ありがとうございます!」

僕は魔石を売って代金を貰うとシーラさんと別れてギルドを出た。

「今日も美味しいご飯を食べに行こうか!」

今日はダンジョンでたくさんはしゃいで疲れたし罠にもかかって大変だったしな。

「賛成なのじゃ!」

「いくなの〜!」

「早く行こうよ!」

みんなも行く気満々でどこの店に行こうかみんなで話し合っている。

「あ、ここは?」

僕はみんなとどこの店でご飯を食べようか悩んでいると『奴隷商』と書かれた店が建っていた。

「おーい!レイク早く来るのじゃ!」

「ご主人様早くなの〜!」

「主早くしてよ!」

僕は3人に引っ張られて美味しそうな匂いのする店に入っていった。

「今日はたくさん食べるのじゃ!」

「キユも食べるの〜!」

「僕もう我慢出来ないよ!」

3人は宣言通りたくさんのご飯を注文して口いっぱいに膨らませてどんどん食べていた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く