僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は武器を買いに行きました!

「それじゃいこっか!」

「いくのじゃ!」

「行くなの~」

「いくよ~」

僕たちは出かける準備をして買い物に出かけた。

「それじゃ最初は武器から見ていこうか」

僕たちは武器屋に向かった。

「ティナはどんな武器を使うの?」

「そうじゃな~妾は杖にするのじゃ!」

ティナは戦士って言うより魔法使いなので杖を選んだのは当然だと思う。。

「キユは武器どれにするの?」

「ん~キユはこれにするの!」

キユが選んだ武器は小型のナイフだった。キユは素早い動きで相手を翻弄するタイプなのでナイフを選んだのはいい選択だと思う。

「それでソラはどうするの?」

「僕はこれだよ!」

ソラが手に取ったのはグローブだった。

「僕はこれで敵を倒していくよ!」

ソラは手に取ったグローブを付けてシャドーボクシングみたいなことをし始めた。

「まぁソラがそれでいいならいいか」

僕はみんなの持っている武器と後役に立ちそうな物を買い取った。

「次はどうしょうか?」

「次は防具屋に向かうのじゃ!」

僕たちは次に防具屋に向かった。

「ん〜これはどうじゃ?」

「こっちの方がいいの!」

「これにしょうよ!」

ティナ、キユ、ソラの3人は防具を服のように機能重視ではなくおしゃれ重視な防具を買おうとしていた。

(でも、何も言えない)

ここで僕が意見すると、必ずみんなで反対されるので何も言わないことにする。

「これに決めたのじゃ!」

「これにしたの!」

「これにするよ!」

ようやく3人は買う防具を決めたようだ。僕はささっと決めて先に買っておいた。

「それじゃ、ギルドに向かおうか!」

僕たちは買った武器や防具を付けてギルドに向かった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く