僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は今回は慌てることがないようです!

僕は朝起きてみると3人と一体で寝ていたはずなのに1人増えていた。

「またこのパターンか」

髪が金色なのでソラが人化したのだろう。

「ん~起きたのだよ~」

「やっぱりか」

こんな変な喋り方するのはソラしかいない。

「ソラも人化出来るようになったのか?」

「そうだよ!僕も人になって見たいと思ったんだよ!」

昨日作った遊具は元のままの体では遊びにくく人の体の方が遊びやすそうに見えてそれで人になりたいと思ってたら人化出来るようになったそうだ。

「そ、そうなのか、、」

「そうだよ~」

僕たちが話していると後の2人も起き出してきた。

「ふぁ~なのじゃ」

「眠たいの~」

「ごめんごめん、起こしてしまったか」

2人も起きたのでみんなで食卓に向かった。

「こうやってみると3人は三姉妹みたいだな!」

ティナは肌が褐色で髪が金色、キユは肌は白くて髪が銀色、ソラは肌が白くて髪が金色で3人とも似たり寄ったりな感じがする。

「わーい、姉妹なの~」

「そうだよ、姉妹だよ~」

キユとソラは姉妹、姉妹と言って手を取り合って喜んでいた。

「それじゃ今日はソラの服とか聞いに行こうか」

ソラの服は今の所キユの服を借りているのだ。

「それとキユとソラの武器も買いに行きたいな~」

これからたくさんの所に行くので武器を持っていた方がいいと思うのでこの機会に2人の武器を買っておくことにする。

「妾も武器が欲しいのじゃ!」

「え?ティナは武器いるの?」

「毎回武装纏装しておくわけにはいかないじゃろ!」

「それもそうだな」

毎回森とかの移動中に武装纏装をしていると旅とか道中を一緒に過ごすことが出来ないもんな。

「それじゃ朝ご飯を食べたら買い物にいこう!」

「りょうかいなのじゃ!」

「はいなの~」

「わかったよ~」

僕は朝ご飯の準備を始めた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く