僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はゆったりと過ごしました!

「ふぅ~眠た~」

僕はみんなが寝ている布団から静かに起きる。

僕たちは布団を並べて一部屋に集まってみんなで眠ることになった。

「朝ご飯の準備をするか~」

僕は朝ご飯の調理を始める。

「それじゃみんなを起こしに行くか」

朝ご飯を作り終えたのでみんなを起こしに向かう。

「起きろー!」

「ん~起きてるのじゃ~」

「眠いの~」

「起きてるよ~」

みんな目をこすりながら起き出した。

「それじゃ、いただきます!」

僕たちはご飯を食べ始めてすぐに食べ終える。

「今日は特にやることがないな~」

「わかったの~」

「いくよ~」

今日は特にやることがないので自由時間にしたらキユとソラは2人で庭に遊びに向かった。

コンコン

「ん?だれだろ?」

家の外からドアをノックする音が聞こえて来た。

「はいはーい」

僕はドアを開けてみると

「遊びにきたよ!」

誰からは知らないが小さな子が家にやって来た。

「あそぼなの~」

「遊ぶよ~」

キユとソラがやって来て家に来た子を連れて行った。

「誰じゃった?」

「わからないけどキユとソラの友達みたい?」

家にやって来た子は僕は知らないけどキユとソラは知っているみたいだった。

「庭で何して遊んでいるんだろうね?」

「そうじゃな、少しみに行ってみるのじゃ」

僕たちは庭で何して遊んでいるのか気になって見に行ってみることにした。

「おぉ、飛んでるな~」

「飛んでるのじゃ~」

キユと知らない子はソラに乗って空を自由に駆けていた。

「ん~庭に何もないから遊具でも作ってみるか」

「そうじゃな!」

僕とティナは庭に遊具を作ることに決めた。

「まずは滑り台だ!」

「それからシーソーじゃ!」

僕とティナは2人でたくさんの遊具を作っていく。

「なんなの~?」

「なんだよ~?」

「なにこれ~?」

召喚された遊具を見て3人は次々と遊んでいく。

「楽しいなの~!」

「楽しいよ~!」

「楽しい~!」

3人を楽しそうにはしゃぎにはしゃだ。

コンコン

「すいません、私の妹が来てませんか?」

ドアをノックしていたのはベージュだった。

「あの子はまさか!」

「そうです、私の妹で第二王女のクレイです」

まさかのあの子は第二王女だった。そしていつキユとソラは知り合ったんだろうか。

「そうだったのか」

「すいませんすぐ連れて帰りますから」

「大丈夫だよ、ベージュも少しお茶でも飲んで行きなよ」

「そうか、それじゃそうさせてもらおう」

「うん、待ってて」

僕はベージュの分のお茶を取りに向かった。

「すごいな!」

「そうじゃろ、そうじゃろ!」

ベージュは僕たちが作った遊具を見て驚いていてそれをティナは嬉しそうに頷いていた。

「それじゃ私達は帰るよ」

「それじゃね〜!また来るよ!」

「バイバイなの〜」

「また来るといいよ〜」

クレイは遊び疲れてベージュにおんぶして貰って帰って行った。

「それでキユとソラはいつどこでクレイと知り合ったの?」

僕はキユとソラがいつどこで知り合ったの気になったので聞いてみると

「朝庭で知り合ったの〜」

「庭で遊んでいたら見かけたよ〜」

なんと知り合ったの今日が初めでだったらしい。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く