僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は依頼を受けに行きました!

僕は朝起きてご飯を食べ街に出ていた。

「今日は何をするのじゃ」

「何するの〜?」

「今日はギルドに依頼を受けに行くよ!」

僕は今日はギルドで依頼をこなすことにした。

「何を受けようかな〜?」

たくさんある依頼票から依頼を受けたいものを探す。

「これなんてどうじゃ?」

「オークの討伐か」

ティナが手に取ったのはオークの討伐だった。これなら前に倒せているし丁度いいな。

「よし、それにしょう!」

僕はオーク討伐の依頼を受けた。

「それじゃ、行こっか!」

僕たちはギルドを出てオークを探すために森に入って行った。

「オークは巣を作っているんだよな」

オークの修正でオーク達は巣を作っていることが多いこれはオークだけじゃなく弱いモンスター達は巣を作っていることが多い。

「それなら巣を狙って行こうか!」

「そうじゃな!」

「頑張るの〜」

僕たちはオークの巣を目指して森の中を探す。

「《武装纏装》」

僕は森の中ではいつモンスターが襲ってくるか分からないのできっちりと装備を固める。

「それじゃ、しっかりとついて来てね」

「わかったの〜」

僕たちは油断なく慎重に森の中を歩く。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く