僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は楽しく過ごしました!

僕は王様とベージュにお別れをして僕たちが貰った家に向かっていた。

「ここがレイク様たちの家となります」

ここまで案内してくれたアンは帰って行った。

「ここが僕たちの家か」

「そうじゃな!」

「家なの~!」

僕たちは家に入って行った。

「広いなぁ~」

「広いのじゃ~」

「広いの~」

家に入った感想は広いと言うことだ。家の中もそこそこ部屋の数もあり広いがなんと行っても庭が広かった。

「それじゃキユは庭を走ってくるの!」

キユは九尾の狐状態になり庭に向かって走って行った。

「それじゃ妾たちは家の中を見てみることにするのじゃ」

「そうだな!」

僕たちは家の中を見て回ることにした。

「おぉ、家具も揃ってるのか!」

「ふかふかじゃ~」

僕たちは各部屋を見て回って行きどんな感じになってるか見て回ったが部屋の中はきっちりと整理されていた。

「家の中の様子を見る限り今すぐにでも住めそうだな」

「そうじゃな!」

僕たちは部屋の確認が終わったのでキユのところに向かった。

「キユ~どこだ?」

「ここなの~」

キユは走って来て人化して僕に飛びついて来た。

「すごく広かったの~」

キユはこの庭に満足した感じだった。

「そうか、それじゃ約束のご飯を食べに行こうか!」

「ご飯なのじゃ!」

「やったなの~」

僕たちはご飯を食べに街に向かった。

「何食べるー?」

「美味しいところがいいのじゃ!」

「はやくいくの~」

僕たちはキユに引っ張られてどこか美味しそうな匂いのする店に入った。

「それじゃお任せ3つで」

何を食べればいいのか分からないのでお任せ3つを頼んだ。

「美味しそうなの~」

「美味しそうなのじゃ!」

ティナとキユはすごい勢いで食べて行きおかわりもしていた。アンに家に連れて行って貰った時にお金をもらっていた。ある程度贅沢をしてもなくならない程度には貰った。

「満足なのじゃ!」

「ふぅ~お腹一杯なの~」

2人も満足したようなので会計をして店を出た。

「それじゃ食器などを買って帰ろうか」

家には食器などがなかったので買って帰ることにした。

「ふぅ~今日はよく眠れそうだな」

家に帰ると簡単に体を洗い布団に入った。

「そうじゃな~」

「眠たいの~」

なぜか2人も僕の部屋に来て一緒に布団に入っていた。

「今日はもういいや」

僕は眠たかったのですぐに眠りについた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く