僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はまだまだ戦います!

「いくぞ!」

ベージュが僕に向かってくる。

「はぁー!」

僕はそれを向かい打つために僕も打って出た。

「くっ!」

僕の刀とベージュの剣がぶつかった。

「受け止められるとは!」

ベージュが一瞬驚いた表情になったが次には嬉しそうな顔になった。

「まだまだ!《サイクロン》!」

剣が風を纏い出した。

「な!あぶない!」

僕は一度距離を取る。

「どんどんいくぞ!《アクセル》」

さっきより何倍ものスピードで僕を追いかけてくる。

「くっ!速い!」

《アクセル》を使ってからベージュは素早い攻撃で僕を攻撃してくる。

「どうした!まだいけるだろ!」

どんどんベージュのスピードは上がっていく。

「《フレイムサイクロン》」

僕はフレイムサイクロンを使い一旦距離を取る。

「なかなかやるな!レイク!」

「ベージュもなかなか強い」

僕は想像以上にベージュが強いことに驚いた。

(あれは魔剣の効果じゃな、魔剣は使用者身体能力をあげる効果があるからな)

「そうなのか、」

今のベージュは魔剣により身体能力が何倍にも上がっているそうだ。

「それなら、こっちも《ブースト》」

僕は《ブースト》を唱えた。この《ブースト》は身体能力を上げる魔法だ。

「いくぞ!」

今度は僕からベージュに向かっていく。

「そりゃあ!」

「くっ!」

僕がブーストをしてから力の差が出てきた。

「とおりゃあ!」

「な!」

「そこだ!」

ベージュは防戦一方になってしまった。

「負けるか!《アクセル》」

ベージュは重ね合わせる様に《アクセル》を唱えた。

「な!」

今度は僕が防戦一方になってしまった。

ベージュは素早い動きで僕の刀を交わしそこに剣を振るってくる。それを僕は刀で受け止めたと思えば、もうそこに剣はなく死角から僕に向かって剣が襲ってくる。

「くっ!」

(なかなか強いのじゃ)

僕はベージュの攻撃を防ぐのに大変だって言うのにティナは余裕な口ぶりだ。

「もらった!」

僕は一瞬だがベージュから意識を離してしまいそこをベージュは見逃さずベージュに思いっきり吹き飛ばされた。

「痛っ~」

吹き飛ばされたって言うのに軽傷で済んだのはティナの武装纏装のおかげだな。

「ふぅ~少し力を出すか」

僕はそろそろ決着をつけるために力を出すことにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く