僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は王女様と知り合いになりました!

「あなた方のお名前を聞かせてもらえないだろうか?」

そういえば自己紹介がまだだった。

「僕の名前はレイクです!」

「妾はティナじゃ!」

「キユはキユなの~!」

僕たちは簡単に自己紹介を終える。

「それであなた達は?」

「私はベージュでこっちが、」

「私はメイドのアン」

「私はメイドのラン」

彼女達も3人で王都に向かっていた。

「それで私はこれから向かう王都、デザーリトの王女なんだ!」

彼女、ベージュはこれから向かう王都のこの国の王女様だったんだ。

「別に畏る必要はないからな」

「そうですか、わかりました!」

僕は畏る必要はないと言われたのでその通りにしているとベージュは驚いたような表情をしていた。

「普通はそこで畏まらない奴はいないんだがな?」

「え?そうなんですか?」

必要ないって言われてるのにやるってなんかおかしいよね。

「それじゃそろそろ行こうか」

「そうだな、それじゃ出してくれ」

ベージュ達には馬車があり無事にのこっていたのでそれを僕たちは乗って馬車はアンが操縦して王都に向かうことになった。

「よかった〜これなら早く着けそうだ!」

僕たちだけだと歩きなので時間がかかったが馬車なら僕が想定していた時間より早く着くことができる。

「なんでベージュは護衛をつけなかったんだ?」

僕はベージュが王女様なら護衛は必要だと思う。

「私達は旅行目的だったからな護衛がいると注目を集めるからな、だから護衛は連れていないんだ」

確かに護衛がいると注目を集めて王女だとバレたら大変なことになりそれだとせっかくの旅行が楽しくなくなるかもしれない。

「そうだったのか」

「それに私達はそれなりに強いと自負していたからな」

確かにベージュ達は強いと思う。

「だが、本来の武器も持たず油断していたんだろうな」

そうだ、どんなに強くてもやられるときはやられるだから油断するのが1番危険なのだ。

「だから、レイク達が助けてくれて本当に助かった!」

「いえいえ、本当に偶々ですしこうして馬車にも乗せてもらってるんですから、お互い様ですよ」

こうして馬車に乗せてもらえているのは本当にありがたい、歩くのは時間がかかるし大変だからな。

「それじゃ王都に戻ったら期待して置いてくれ!」

「何をですか?」

「褒美だよ、私達を助けてくれた!」

「それじゃ期待してますね」

「任せておけ!」

褒美をくれるなら貰っておきたい、ベージュは王女様だから褒美にも期待が出来る。

「ご馳走が食べ放題じゃ!」

「食べ放題なの〜!」

褒美と言う言葉にティナとキユは食べ放題と言って喜んでいた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く