僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は寝坊をしてしまったみたいです!

「起きるのじゃ!」

「おきるなの!」

「ん、んん~」

誰かに起こされている気はするが眠たい。

「早く起きるのじゃ!」

「はやくなの~」

さっきより強く体を揺らされる。

「あと、もう少し~」

僕がそう言った瞬間に

「ああ!起きるんじゃ!!!!」

「うぉ!」

大声で起こされたかと思ったら強い衝撃が来て、ベットから落ちた。

「ん、痛いじゃないか」

「レイクがわるいのじゃ!」

プイと顔をそらす。

「ご主人様がわるいの~」

キユにまで怒られた。

「ごめん、ごめん」

僕はティナとキユに謝る。

「ふん、わかればいいのじゃ!」

「いいなの~」

二人とも機嫌を直してくれたみたいだ。

「もうこんな時間か」

僕は時間を確認してみると、予定の時間を超えていた。

「寝坊するからなのじゃ」

「寝坊なの~」

「ちょっと興奮して眠れなかったんだよ」

はは、と笑い頬をかく。

「それじゃ、準備をしようか」

「妾達はもう準備できているのじゃ」

「準備してるの~」

二人の服装をみると寝巻きから動きやすい服装に着替えられていた。

「よく似合ってるよ」

僕は二人の服装を見て、感想を伝えると

「当然なのじゃ!」

「うれしいなの~」

二人とも嬉しそうにそれでいて恥ずかしそうに答えた。

「それじゃ、僕も着替えるよ」

僕もパッパと着替える。

「それじゃ、行こうか」

僕は宿を出て門に向かって歩いていく。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く