僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は旅に出ることにしました!

僕はあれから一週間ほど薬草採取をこなしお金も溜まってきた。

「よし、お金も溜まってきたことだから、この街を出て王都に向かおう!」

「さんせいなの~」

「わかったのじゃ!」

僕は荷物をまとめる。荷物って言っても服ぐらいしかないけど、、

「じゃ、今日は旅に必要な物を買って明日の朝に出発しょう!」

僕は野営に必要なテントや毛布などを買いに向かった。

「ふぅ~これで大丈夫だよな」

僕は買ってきたものを確認し必要な物を忘れてないか最後の確認をした。

「あ、これどうやって持っていこう?」

買ったのは良かったがどうやって持って行くかまでは考えていなかったのだ!

「魔法を使えばいいのじゃ!」

「それだ!」

僕はこれを持っていくための魔法を考える。

「よし、やっぱ、これだな!」

僕は魔法を唱える。

《無限の黒箱ブラックボックス

僕が唱えると黒い穴が現れた。

「これはアイテムボックスみたいなものだよ!」

まぁ、これは入れるだけじゃなく他の能力もあるが、

「よし、荷物を入れていこう!」

僕は荷物を入れると、明日に備え早く寝ることにした。

「それじゃおやすみ!」

「おやすみなの~」

「おやすみなのじゃ!」

僕は興奮してしばらく寝ることが出来なかった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く