僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はこれからのことを話し合いました!

服を買った僕たちは宿に戻っていた。

「これからの予定を決めたいと思います」

僕がそう言うと、キユがパチパチパチと手を叩く、少し恥ずかしい。

「僕は旅に出たいと思っている。」

僕のやりたいことを2人に伝える。

「旅に出て、色々なことを見たり触れたりしてみたいんだ!」

「すごいの〜」

キユは手をパチパチして褒めてくれる。

「で、2人はやりたいこととかない?」

「妾はレイクと契約しているのじゃから、ついていくだけじゃよ」

「私もついていくの〜」

二人とも嬉しいことを言ってくれる。

「ありがとう二人とも!」

僕は2人の頭を撫でる。

「や、やめるのじゃ!」

「気持ちいいなの〜」

ティナはやめろと言いながら何もしないし、キユは本当に気持ち良さそうだ、2人とも喜んでくれているようでこっちも嬉しくなる。

「じゃ、お金が溜まり次第この街を出て旅に出ようと思う。」

「次に向かうところは決待っているんじゃろうな?」

「うん、次に向かうところは王都に決めてある!」

「なぜ王都なんじゃ?」

「色々な情報が集まるからかな、そこで行ってみたい場所があればそこに行くと言うことで決めた。」

「わかったのじゃ!」

僕たちはこれからのことを話し合った。

「それじゃ、お金を稼ぎに行こう」

「行くの〜」

僕は冒険者ギルドに向う。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く