僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は買い物に行きました!

僕たちはご飯を食べ終えると買い物に出かけていた。

「わぁ、たくさんなの~」

周りをキョロキョロしながら歩くキュート

「ねぇ、ねぇ、あれはなんなの~?ご主人様?」

「あれは焼き鳥屋だよ」

一個一個説明しながら歩く。

「それよりさ、ご主人様って呼び方変えないか?」

「ご主人様はご主人様なの~」

「えーとそう言う事じゃなくてさ」

僕はご主人様と呼ばれることに少し恥ずかしい。

「じゃ、お兄ちゃん?」

首をコテンとさせながらいう姿がとても可愛い!

「いい、けどやっぱりダメ!」

お兄ちゃんて呼ばれるのはヤバすぎる!

「じゃ、ご主人様!」

「もうそれでいいよ。」

僕は諦めることにした。

「キユのことはキユって呼んでなの!」

キュートは、自分のことをキユと呼んでいる。

そんなことを話していると

「ここじゃ、着いたのじゃ!」

僕たちは中に入っていく。

「いらっしゃいませ~」

少し服装がだらけている人が迎えてくれた。

「えーと、この子たちに似合う服を下さい」

「妾も買ってくれるのか?」

ついでにティナの服も買うことを伝えると嬉しそうにした。

店員さんは2人を連れ奥に進んでいった。

しばらくすると

「できましたよ~」

僕は2人がきて驚く。

まずはティナ、黒のゴスロリの服装だ。ティナに凄く似合っていると伝えると

「と、当然なのじゃ!」

少し、いや、凄く嬉しそうな顔をしていた。

次にキユが出てきた。真っ白のワンピースだ。ティナにも凄く似合っていると伝えると

「ありがとうなの~」

こちらも凄く嬉しそうだった。

両方買うことにした。

服の値段はそこそこ高かった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く