僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕の従魔が大変な事になりました!

「んん、」

何か重苦しさを感じて目を覚ます。

「え、」

目を開けてみると、そこには金髪褐色の美少女がいた。

「ああ、そうだ」

僕は昨日、ティナと2人で一緒に眠っていたを思い出した。

「ん、なんなのじゃ~?」

ふわぁぁ~と欠伸をして目を覚ました。

「い、いや、なんでもないよ!」

僕は手をぶんぶん振って何もないことを伝えた。

「それじゃ、もう少しだけ寝るのじゃ~」

と言ってもう一度眠りについた。

「ふぅ~ティナと寝ていた事を忘れていた。」

僕は布団から起きようとしたら

もぞもぞ、もぞもぞ

足の方で布団が動いたのだ。

何だろう?と毛布を退けると、

銀色の髪をした少女が眠っていた。

「え、」

僕はあまりの事に固まってしまった。

「きゅ~おはようなの~」

「え?」

「どうしたの?ご主人様?」

「え?誰が?」

僕がそう言った瞬間に

銀髪の少女は目に涙を浮かべ今にも泣きそうになった。

「その少女はキュートじゃ」

後ろからティナの声が聞こえた。

「え?キュートなの?」

「そう、そうなの~!キュートなの!」

泣きそうな顔から嬉しそうな顔をして抱きついてきた。

僕は少し落ち着いたので状況を確認する。

「どうしてキュートが少女になっているの?」

僕は疑問に思っていることを聞く。

「人化したの〜」

人化?と頭を悩ませていると

「人化とはまぁ人に化けることじゃ」

と、ティナが説明してくれた。

「その服はどうしたの?」

「これはつくったの〜」

またまた分からないのでティナの方を見る。

「九尾は幻覚などに長けているから実際にはあるように見えるだけなのじゃ!」

「そうなのか、じゃご飯を食べたら買い物に行こうか」

「いくの〜」

僕たちは買い物にいくことにした。

ぎゅるる〜

「まず、ご飯を食べたいの」

恥ずかしそうに下をむいて顔を赤くした。

「そうだな、食べに行こう」

僕たちは食堂に向かった。


「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く