僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は宿で一息いれました!

「ふぅ~やっと一息つける。」

僕は案内された部屋で中にあったベットに腰をかける。

「そうじゃな~」

そう言いながらティナはベットに飛び込む。

「激動の1日だったな~」

今日は本当に色々なことがあった。
異世界に突然転生して、ゴブリンに襲われたり、と本当に色々なことがあった。

「異世界に転生して良かった?」

ティナはいつになく真剣に聞いてくる。
だが、瞳がうるうるしていて上目遣いになっていて、とても可愛く見える。

「う、うん」

僕は目を逸らしながら答えると

「本当?」

また、こちらに目を合わせてきた。

「うん!異世界にきて、ティナに会えて良かったと思っているよ!」

ティナの頭を撫でながら答えると

「そうか、良かったのじゃ!」

ボヨン、ボヨン

と、ベットを跳ねる。

「これからもよろしくな!」

「当然なのじゃ!」

えっへん!とポーズを決め答えた。

「そうか、少し眠たくなってきたな」

「そうか、よし、一緒に寝るのじゃ」

僕が横になると、ティナも横になって布団に入ってきた。

「一緒にねるのか?」

「だめなのかじゃ?」

「だめじゃないけど、」

「なら、一緒にねるのじゃ!」

僕はティナを背にして眠りについた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く