僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は依頼を達成しました!

僕は少し休憩すると、依頼達成に必要なゴブリンの耳を取った。

「はぁ~なんで、ゴブリンの耳が必要なんだよ~」

はぁ~と何回もため息をしながら取っていく。

「よし、じゃ~戻ろっか」

取り終えた僕は、キュートに声をかけミラークルの街に帰っていく。

僕はさっそく冒険者ギルドに向かう。

「えーと、これです。」

僕はゴブリンの耳が入った袋を渡す。

「はい、あ、ゴブリンソルジャーとゴブリンガードナーも混じっていますね。」

僕はお金を貰った。

「すいません、オススメの宿とかってありますか?」

「はい、スズメの宿がオススメですよ」

僕は言われたスズメの宿を目指してギルドを出た。

「ここがスズメの宿か」

僕はスズメの宿についた。

スズメの宿は、まぁこの世界では普通より少しきれいな宿だった。

「よし、入るか」

僕は扉を開ける。

「いらっしゃいませ!」

扉を開けたら元気な女の子がむかえてくれた。

「何名様ですか?」

「2人です。」

「お食事だけですか?それともお泊りですか?」

「お泊りです。」

「では、銅貨10枚になります!」

僕は銀貨1枚と銅貨15枚貰っていたのでそこから払う。

「では、こちらです!」

元気な女の子は部屋に案内をしてくれた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー159479

    「お泊まりです」じゃなくて「泊まりで」とかの方がいいと思います

    0
コメントを書く