僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はゴブリンを全滅させました!

僕は気を引き締め、ゴブリン達に向かっていく。

「いくぞ!ティナ!」

「もちろんじゃ!」

閃光爆弾フラッシュボム》で目隠しをする。

閃光爆弾フラッシュボム》は閃光手榴弾みたいなもの

そして本命の《光線レーザー》を使う。

光線レーザー》この魔法は敵を貫く弾じゃなく線の銃みたいなものだ。

大きなゴブリンは避け、盾を持つゴブリンは剣を持つゴブリンを防いだ。普通のゴブリンは《光線レーザー》に貫かれた。

「ちっ!まぁ予想通りだ!」

僕はまず剣と盾のゴブリンを狩る。

「うぉぉぉ~りゃ!」

僕の攻撃を盾で防ごうとするが、僕の刀は盾を切り裂いた。

切り裂かれた盾をみて呆然としていた、ゴブリンを斬る。

「当然なのじゃ!」

僕はティナの声が聞こえたが返事をせずに次のゴブリンに向かっていく。

僕が盾のゴブリンに斬りかかろうとすると剣のゴブリンが二体揃って向かってきた。

《炎刀》

《炎刀》は刀に火を纏わせる魔法で斬れ味も上がり、火の斬撃を飛ばすことも出来る。

僕は向かってきたゴブリンを火の斬撃で切り裂く。

その後ろにいたゴブリンにも火の斬撃を飛ばし切り裂く。

そして、後ろから突進してくる大きなゴブリンに、《爆炎爆発マキシマムフレイアム》を使う。

この《爆炎爆発マキシマムフレイアム》は、強烈な爆発だ。

煙が晴れるとゴブリンは跡形もなくなった。

そして、僕は一息をつく。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く