僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は油断していました!

僕は《サーチ》をもう一度使う。

ばらばらにあった反応は一ヶ所に集まっていた。

「あれ、なんでだろう?」

僕が疑問に思っていると、

「当然なのじゃ!あれだけ大きな音を立てれば警戒するに決まっているのじゃ!」

それもそうだな、僕は納得した。

「それじゃ、狩りに行こうか!」

僕たちは反応があった場所に向かった。

たどり着いた場所は大きな空間があった。

そこには、大きなゴブリンと、それを盾を持って守っているゴブリン、それから剣を持ったゴブリン、そして棍棒を持った普通のゴブリンが9体がこっちを睨み構えていた。

そして僕は油断していた。

これまでゴブリンを簡単に倒していて、どれだけいても簡単に倒して僕は負けないと油断していた。目の前にゴブリンが9体しかいない事に気付かなかった。

大きなゴブリンがニヤッと笑った。

ごぶごぶ!

ゴブリンが上から落ちてきた、いや襲い掛かってきた。

キュ!

「え?」

どん!

キュートが僕を庇い、ゴブリンに吹き飛ばされていった。

「キュート!」

僕はキュートのところに向かう。

キュ、キュ

まだ息はあった。

僕は《完全回復パーフェクトヒール》を使う。

「僕は油断していた」

僕は気を引き締めた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く