僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は初めて魔法を使います!

僕は魔法を使う。

《サーチ》

この魔法はゴブリンを探すための魔法だ。

洞窟の中は何本にも道が別れているのだ。

《サーチ》に引っかかったのは、15箇所もの反応があった。

そのうちの一つが他とは違っていて弱っているように点滅している。

「急ごう!」

もしかしたらゴブリンに襲われ連れ去られたのかもしれないと思い奥に進んでいく。

点滅している反応があった場所にたどり着いた。

そこにいたのは、狐だった。

「え、あれは?狐?」

よく見てみると、尻尾が9個あった。

「あれは、九尾じゃな」

「珍しいの?」

「とっても珍しいのじゃ」

話をしている間にも点滅が速くなっている。

「急がないと危ないのじゃ」

完全回復パーフェクトヒール

九尾の点滅はなくなった。

キュ?キュキュ!

目を覚ました、九尾は僕を見ると、僕に飛びかかり頬っぺたに顔をすりすりしてきた。

「レイク、ゴブリン達がこっちに向かってくるのじゃ!」

ティナの声に反応し武器を構える。

ごぶごぶ!ごぶごぶ!

五体のゴブリンが棍棒を構えてやってきた。

「まず、こいつらを狩る」

《フレイムサイクロン》

僕がゴブリンに向けて魔法を放つ。

《フレイムサイクロン》はゴブリンのいる場所に向かってとんでいった。

この魔法は周りの物を引き寄せるので五体のゴブリンを巻き込んだ。

「す、すごい、本当に魔法が使えた。しかも、めっちゃくちゃな威力だ!」

「当然なのじゃ!妾は精霊の王なのじゃからな!」

と、豪快に笑う。

あまりの光景に九尾も驚いていた。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く