僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はゴブリンの巣を見つけました!

ゴブリンは互いに顔を合わせて

ごぶ!ごぶ!

後ろに走り出した。

「え?」

僕は突然ゴブリンが逃げて行ったのに驚いた。

「妾たちに敵わないと思い巣に戻ったんじゃ!」

「なるほど~」

「どうするのじゃ?」

「どうするとは?」

僕はティナに聞き返す。

「ゴブリン達を追いかけるのか、じゃ」

「そうか、このまま行けば巣ごとゴブリンを狩ることが出来るのか」

「そう言うことじゃ!」

「よし、行く!」

「では、追いかけるのじゃ!」

僕たちはゴブリンを追いかける事にした。

「ここがゴブリンの巣か」

大きな洞窟の穴があり、入り口にゴブリン二体が立っていた。

「よし、行くのじゃ!」

「いや、待て待て、まず中にいるゴブリン達に気付かれないように入り口のゴブリンを狩る、一斉に来たらやばいからな」

僕は洞窟の上、ゴブリン達の後ろに回る。

僕はゴブリンの頭めがけて飛び降りる。

まず一体目のゴブリンを一撃で倒す。

もう一体はまだこちらに気付いていない。

素早くゴブリンめがけて走る。

ゴブリンが僕に気付いた。

ゴブリンが口を開けて叫ぼうとしている。

僕は勢いをつけたままゴブリンの頭を貫く。

「ふぅ~危なかった」

「よし、向かうのじゃ!」

僕は一呼吸してゴブリンの巣に入っていく。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く