僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はゴブリンを狩る準備をする!

僕はゴブリンを探す。

しばらく歩いていると、ゴブリンが四体が座り込んで、ゴブゴブと喋っていた。

「そういえば、武器ってなにがあるの?」

僕は今、自分が素手だということに気づいた。

「ないのじゃ!」

「え、ないのかよ!じゃ、どうやって闘えばいいんだよ!」

僕は武器がない事に焦りあたふたする。

「ないのであれば、作ればいいのじゃ!」

「ど、どうやって?」

「イメージするだけなのじゃ!」

ティナは、腰に手を立てて胸を張り、えっへん!とする、イメージが湧く。

「イメージか、よし!」

僕はイメージする。

ゴブリンを斬る、いや、龍でさえ切り裂く、僕だけの武器!

手に光が集まる、光が収まると、僕の手にあったのは、僕がイメージしたものだった。

「これは刀じゃな!」

「そう、これは刀だよ!」

僕がイメージしたのは刀、やっぱり刀はかっこいいから!

「でも、唯の刀じゃない!ちょとした特殊な能力をイメージして作ったんだ!」

「うむうむ、それはなんなのじゃ?」

「それは、秘密!」

僕がそう言うと、教えるのじゃと何度も訴えてきたが無視をする。

「それじゃ、ゴブリンを狩るとしよう!」

僕はゴブリンに向け、走り出す。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く