僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はギルドに登録をする!

街に入った僕達は冒険者ギルドに来ていた

理由は身分証を作るためだ

「ここが冒険者ギルドか~」

「大きいのじゃ~」

冒険者ギルドは予想以上に大きかった

「失礼します~」

僕はそろ~っとドアを開ける

ドアを開けた瞬間に、笑い声、怒鳴り声、酒の匂いがした

「うわぁ~予想通りだ!」

ギルドの中は僕が予想していたのと同じだった、屈強な男達が酒を飲んでいる、まさにテンプレだ

「落ち着くのじゃ!」

ティナに頭を叩かれる、僕は場の空気に酔っていたみたいだ

「受付はどこかな?」

探していると、受付と書いてあるテーブルがあった

「すいません、登録をしたいのですが」

「はい、わかりました」

受付にいた人はとても綺麗なお姉さんだった

「まず、こちらを記入してください!」

僕は渡された紙を見てみる

必要事項と書かれていたのは名前だけだった

僕はレイクとだけ書き紙を渡す

「こちらに血を一滴流してください」

僕は痛いのを我慢して血を垂らす

「これで登録完了です」

カードを渡された、これが身分証の代わりになるギルドカードだ

「ありがとうございます」

「ギルドの説明は必要でしょうか?」

「はい、お願いします!」

ギルドの説明は簡単にするとこうだ

自分のギルドランクの依頼をこなしていくとランクが上がり上のランクの依頼を受けることが出来るようになる。
ギルドカードを無くしたりして、再登録などの場合には金貨5枚が必要になる
後は、普通にやってれば大丈夫だ。

「これで説明は終わりです、依頼を受けていきますか?」

「はい、お願いします!」

僕達は初めての依頼を受ける

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    ステータスとかはないんですか?

    2
コメントを書く