僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は夢を見つける!

光が収まり僕が目を開けると

ティナが腰に手を当てて、えっへん!っとしていた

「契約は成立したのじゃ!」

「そ、そうか」

「むーー」

頬っぺたを膨らませた

「そ、それよりこれからどうするんだ?」

「レイクは何がしたいのじゃ?」

「ぼ、僕?」

「そうじゃ、せっかくの新しい人生なのじゃ、前の人生でできなかったことをやってみたらいいのじゃ!」

ティナは真剣な表情で僕に訴える。

「そうだね、うん、僕はいろんな所に行きたい!」

「そうか、それじゃ向かうのじゃ!」

ティナはニコッとする。

「それじゃ、まず人のいる所に案内してよ」

「ん?わからないのじゃ」

「え、え~~」

しばらく森の中をさまよった

「はぁはぁ、ようやく見つけた!」

「じゃ、向かうのじゃ!」

僕はようやく見つけた街に向かう

「すいません、街に入らせてもらってもいいですか?」

僕は入り口に立っていた兵士みたいな人に話しかける

「ん?じゃ、これに触ってくれ」

僕は言われた通りに兵士から渡された水晶に触れた。

「大丈夫だな、よし、ようこそミラークルへ!」

「ありがとうございます!」

「じゃ、入るのじゃ!」

僕とティナはミラークルに入っていく

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く