話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

幕間 不穏な気配

 予兆はなく、そして唐突にそのときはやってきた。

「なあ、ケイタ」

 カウンターを拭いていると、いつもキッチンにいるはずのメリューさんが声をかけてきた。

「どうしたんですか?」

 作業をしている手を止め、俺はそちらを見た。

「ケイタは昔からここに居るから知っていることだと思うが、ボルケイノはどうしてここに存在していて、そしてどうして私がシェフとして腕を奮っていると思う?」
「……そりゃあまあ、知っていますよ。確か、竜の呪いで、」

 ――竜の呪いで、人々に笑顔を届けることを命じられたから。
 その呪いを解くには、人々に笑顔を届け続けなくてはならない。それは途方もない目標であり、終わりの無い目的だった。

「そう。竜の呪いで私はドラゴンメイドに姿を変えて、そして今ここに居る。つまり私がドラゴンメイドたる所以は柵、あるいは罰と言ってもいいでしょうね」
「……それがどうかしたんですか? 急にそんなことを言い出すなんて」
「いいや、少し言いたくなってね。例えばの話だけれど、枯れる草木が己の運命を未来予知していることなんて、万が一にも有り得ないことだろう? それと同じ事だよ」
「……どうなんでしょうね。意外とあっさり予知していて、受け入れているかもしれませんよ? これが運命。これが寿命。ならばその種を残すこともまた宿命、って……ちょっとくさい言い回しかもしれませんが」
「ま、そう思うのも仕方ないかもね。……で、なんでこの話になったんだっけ?」

 え、それを言い出すか?

「メリューさんが突然話を始めたんじゃないですか。確か、このボルケイノを続けている理由を聞き出して……」
「ああ。そうだったか」

 メリューさんはまるで俺の話を聞きたくないかのような感じで、話に割り入った。
 手を振って踵を返すと、

「まあ、さっきの話はなかったことにしてくれ。……休み時間の、ただの暇つぶしだと思ってくれればそれでいい」
「そんなもんですか」
「ああ、そんなもんだ」

 メリューさんがキッチンに入ろうとした、そのとき――。

「また、消えないで下さいよ」

 俺は、無意識のうちに言葉を発していた。
 その言葉は、堰を切ったようにどんどんぼろぼろ零れていく。

「またあの頃みたいに……あの頃のように、勝手に消えていなくならないでくださいよ! 俺はここにいて、とてもやりがいを感じているんです。メリューさんと、シュテンとウラ、サクラにリーサ……それにティアさんも。皆がいてボルケイノは成り立つんです。また、メリューさんが居なくなったら、俺は……」
「ケイタ。済まない、そんなつもりはない。ただ話をしたかっただけなんだ。もし変な風に誤解してしまったなら謝る。ほんとうに済まなかった」

 メリューさんは大慌てで頭を下げる。
 対して俺もどうやってこれを収集づければいいのか分からず、あたふたしてしまっていた。
 これは、そんな営業時間外の一幕であった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く