(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

急転直下のミルクティ・後編

 カウンターに横並び。
 三人が揃って、カレーチャーハンを目の前に待っていた。
 メリューさんがティアさんと俺を見て、頷く。

「それじゃ! 食べることにしようか、いただきます!」

 両手を合わせ、メリューさんは頭を下げた。
 俺はそれに合わせるように、同じくいただきます、と言った。
 目の前にあるカレーチャーハンは、今も鼻腔を擽っている。
 スプーンを使い、一口頬張る。すぐに口の中にカレーの香りが広がる。チャーハンの中に埋もれている肉、ニンジン、ジャガイモもアクセントとしていい感じだ。普通のチャーハンならばご飯と目立たないように微塵切り、あるいは小さく細かく切られているものだが、カレーチャーハンは違う。カレーソースをそのまま使用しているためか、具材の大きさがカレーのそれとイコールなのだ。

「……ほんとう、ケイタ、あんたはうまそうに食事を食べるよ。作り甲斐があるってものだ」

 メリューさんがそう言ったのでそちらを向くと、メリューさんは俺のほうを見て笑みを浮かべていた。

「な、何か顔についていますか?」
「まあ、ついていないことはないけれど」

 そう言ってメリューさんは俺の頬に手を伸ばした。
 そして何かを取り、それを俺に見せつける。
 それはご飯粒だった。カレーの金色に染まっているそれは、まさしく俺が食べていたカレーチャーハンのそれだった。
 すると、メリューさんはそれを口に入れた。
 というか、食べた。
 そしてメリューさんは笑っていた。

「……さて、食べようかしらね!」

 そう言ってメリューさんはもとに戻ると、カレーチャーハンにスプーンを入れていく。
 俺はそれを見て、ただ何も言えなかったが――すぐに戻って、またカレーチャーハンを食べ始めた。



 カレーチャーハンを食べ終わり、皿を洗って、服を普段着に着替える。
 時間は午後九時過ぎ。今から家に帰れば、まあ、そんな時間にはならないだろう。そう思って、俺はカバンを持って外に出ようとした。

「あ、ケイタ! ちょっと待ちなさい!」

 メリューさんの言葉を聞いて、俺は振り返る。
 メリューさんは何かを持っていた。それは手ぬぐいに包まれた何かだった。紫色のそれには箱がくるまれているようだった。

「……これは?」
「余っていたから、持って帰りなさい。ここに置いとくと捨てちゃうだけだから」
「ありがとうございます」

 軽く頭を下げて、その包みをカバンに仕舞った。
 そして俺はボルケイノの扉を開ける。

「それじゃ、お疲れさまでした。また明日」
「お疲れさま」

 メリューさんの言葉を背に、俺はボルケイノを後にした。


 ◇◇◇


 次の日。
 いつものようにボルケイノのある場所へと到着した俺は、違和感に気づいた。

「……おかしいな。どうしてだろう?」

 いつもの時間ならそこに存在しているはずの――ボルケイノへと続く扉がなかった。
 あるのはただ壁だけ。なぜか、扉は存在しなかった。

「どういうことだよ……」

 実は、俺は急いでいた。
 なぜか?
 それは単純明快――メリューさんが渡してくれた箱にはクッキーが入っていた。昨日の午後とは違い、キャラメルが入ったクッキーだ。まあ、それは別にどうだっていい。味も美味しかったし。
 気になったのは箱についていた押し花だ。その花は中央が黄色で、周辺に紫の五つの花びらがある、とても可憐で可愛らしい花だった。妹いわく、その花はワスレナグサというらしい。


 ――花言葉は、『私を忘れないで』。


 その花言葉が、どうも引っかかった。
 まるで、メリューさんが、どこかに居なくなってしまうのではないか。そう思ったからだ。
 予想通り、ボルケイノの扉はなかった。
 壁しかなかった。
 不安で、不安で、仕方がなかった。
 もう二度と、ボルケイノに行けないのではないか――そう思った。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く