(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

年越しそばと除夜の鐘・前編

「ええっ!? じゃあ、年越しそばを食べたことが無いんですか!?」
「食べたことが無いというか……厳密に言えば、そのような習慣が無い、とでも言えばいいか。まぁ、そんな感じだ」
「それなら俺が食べさせてやりますよ! 飛びっきり美味しい年越しそばを!!」

 そう言ってケイタは店を飛び出していった。おい、一応まだ営業中だぞ。客は居ないから問題ないと言えばその通りだが。
 はてさて、どうしてこんなことになってしまったのかといえば……それはある言葉がきっかけとなったものだった。裏を返せば、その誰かが言わなければこんな出来事には発展しなかっただろう。
 それを思い返してみると……予想以上に長い話になる。え? とくにそんな遣り取りなんて要らないからさっさと話せ……だって?
 まぁ、解った。話してやろう。どうせ私もお前も暇なんだ。その暇が少しでも潰れるように、その話をして気を紛らわすというのも可能性の一つとして存在すべきことだろうよ。


 ◇◇◇

 さて。
 どうしてこんなことになってしまったのか、それについて淡々と事実を述べていくことにしよう。
 きっかけはたった一言、その質問だった。

「そういえばメリューさんたちって、年越しのイベントはあるんですか?」

 きっとそれは、ケイタにとっては当然の疑問だったことだろう。
 しかしながら、それは私たちにとっては一種の禁句とも言える発言だったのかもしれない。
 理由は単純明快、私たちの世界に年越しイベントなんてものは存在しないからだ。普通に考えれば、それはケイタにだって理解できたはずのことだった。だってボルケイノは年中無休、ケイタたちの世界で言うところの『お正月』とやらも営業中なわけだ。しかしながら彼はその時間に休みを取りたいと言い出した、彼曰く、その時期は家族一同で過ごすのが決まりになっているのだという。彼の住んでいる国すべてがそうであるわけでは無いが、古くからの風習でそうしている家族がいるのだという。なんというか、変わった風習だと思う。まあ、そんなことを言ってしまえば彼にとって私たちの存在そのものも変わっているのかもしれないが。

「……何を言っているんだ、年越しにイベントなんてあるわけが無いだろ。強いて言うならば、一年を一生と換算している宗教があって、その宗教に入っている人間は年越しを『新しい人生の始まり』として大々的にイベントをしているが……まあ、それくらいだな。実際、年越しに関してはなんの関心もいだいていないし。……それにしても、それがどうかしたか?」
「それじゃ、年越しそばも食べていないんですか!」
「そりゃ、年越しを特別なイベントだと思っちゃいないからな。普通に麺は食べるぞ、普通に食事規制なんて無いからな。……まさか、ケイタの国では年越しは食事規制をするという珍妙な法律でもあるのか?」



「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く