話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

冒険者の思い出・中編

「見せてもらってもいいですか?」
「ええ、いいわよ。でも他人が見ていて面白い話とは到底思えないけれど、それでいいのなら」

 そう前置きして、冒険者は俺に手帳を差し出した。表紙は革をなめして作られているようだった。ははあ、成る程。だからこのように丈夫な表紙になっているということなのだな。
 表紙ばかりみていちゃ中身にいつまで経っても入ることが出来ないので、キリのいいタイミングで表紙をめくった。飽きたわけではないが、そろそろ見ておくべきだろう。そうでないとせっかく借りて読んでいるのに、その意味を無くしてしまうことになりかねない。だから俺はその場で見始めることとした。
 中身は確かに他愛も無いことばかりがつらつらと綴られていた。一ページに書かれている分量が疎らになっているのを見つけて、何とかそれが日付イコールページとなっていることを察した。考えれば簡単な法則だったのだ。

「……なかなかびっしりと書いてありますね」
「その日にあったことは全部書いているからね。分厚くなって当然」
「へえ……」

 俺は冒険者から見せてもらった手帳のページをぺらぺらと捲っていった。その内容はとりとめのないものもあるし、どのモンスターを倒したとかどういうダンジョンを攻略したとか書かれていた。かなり手練れの冒険者らしいことがうかがえる。仮に、俺が異世界の人間であったとしても。
 しかし俺はそこで、あるものを目の当たりにした。
 そこに書かれていた文章には、ある単語が使われていたのだった。


 ――メリュー。


 その単語、いやおそらく人名だろう、には聞き覚えがあった。忘れもしない、というか忘れるはずがない、ある人物の名前だった。

「どうしたの、店員さん?」

 俺は冒険者の話を聞いて、我に返った。

「い、いや……何でもないです。ただ、かなり面白い内容だな……って思って」
「そっか。ありがとう。そう言ってもらえると嬉しいよ。私も見せた甲斐があるってものだ」

 そして俺は冒険者に手帳を返す。
 メリューさんが冒険者の人に食事を持ってきたのはその時だった。
 とびっきり大きなハンバーグが鉄板の上でジュージューと音を立てている。
 付け合わせにはフライドポテトと野菜各種。ソースの焦げるにおいがとても香ばしい。
 追加でライスを持ってきたメリューさんの顔を見て、冒険者は首を傾げる。
 そして、厨房へ向かおうとしたメリューさんに、

「ねえ、メイドさん。あなた、どこかで私と会ったことない?」

 そう、言った。
 メリューさんは少しだけ顔を俯かせて、冒険者に背を向けたまま、

「いいえ……。たぶん、人違いでしょう。このような人間は、ごまんといますから」

 その言葉を聞いた冒険者は深く追及することなく、ただ相槌を打つだけだった。

「そっか。私の勘違いか。……いや、ごめんね。あなたによく似た知り合いがいてさ。私、彼女をずっと探しているのよね……」

 そして冒険者は大きなハンバーグをナイフとフォークで切り分けながら、俺を聞き手にして話を再開する。
 結局、冒険者の話は食事が終わってから小一時間続くことになり、店も暇だったので俺がずっとそれに付き合う羽目になってしまったのだけれど。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く