(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

ダークエルフとその一行・承

 メリューさんがどこかから取り出したのは、塩辛だった。

「……塩辛、ですか?」
「味をつけるならただの塩でもいいんだけれど、やっぱりこれが一番よね。ああ、そういえばあなたの世界では塩辛って言うのかな。私はこれをソレインと呼んでいるよ。ソレインは塩の味が濃いからこういうものにトッピングとして追加するのが一番良いのよ」

 ソレイン、か。
 見た目そのものは塩辛に見えるけれど、どうやら呼び名は違うらしい。

「ソレインをつけて、ほら、食べてみな。少しは解っておかないと」

 そう言われて、メリューさんはふかした芋にソレインをつけて俺に差し出した。

「ほら」

 そうしてメリューさんから皿を受け取ると、俺はそのふかした芋を口に運んだ。
 美味い。
 芋の甘味と、それを引き立てるようなソレインの塩気。……それにしてもソレインには何が入っているのだろうか。日本の塩辛は独特な風味があるので、人を選ぶ味のような気もしないでもないが。

「どうだ、ケイタ? こっちの世界の料理も、なかなか美味だろ」
「ええ、そうですね。……それに、塩辛……あ、向こうの世界では塩辛って言う似たような食べ物があるんですけれど、それよりも癖が無いので、寧ろ食べやすいほうかもしれないです」
「そいつは結構。……ふうん、シオカラね。ぜひとも食べてみたいものだけれど」
「癖が強いので、メリューさんの舌に合うかどうかは解りませんよ」
「そいつは食べてみないと解らないだろう? ……まあ、それは道理だ。とにかく、これを早く出してあげてくれ。酒は未だだったか?」
「そうですね。未だです。もしかしたら、もうしびれを切らしているかも」
「だったらさっさと出して来い。どういうものとか言っていなかったから、取り敢えずエールでいいだろ。あ、ケイタの世界ではビールというんだったか? いずれにせよ、それを出しておくといい。確かあの世界での主流はエールだったはずだ」
「エールにソレイン、ですね……。解りました、それじゃ持っていきます」

 そうして俺は、エールの瓶を持ってくるために保冷庫へと向かうのだった。



 保冷庫へ向かう道中、サクラに出会った。

「あら、ケイタ。どうしたの、こんなところまで?」
「それはこっちの台詞だ、サクラ。お前、まだ営業時間中だぞ。まさかサボリじゃ」

 俺が言葉を言い切る前に、サクラは俺の頭を殴ってきた。
 まだ言葉を言い切っていないだろ! 舌を嚙むぞ!
 とまあ、そんな文句を言おうとしたが、それよりも先にサクラが持っているものに視線を移した。
 それは空の皿が載っている盆だった。

「……ああ、そうか。シュテンとウラの昼食を片付けていたんだな?」

 その言葉にサクラはコクリと頷く。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く