話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

ボルケイノの地下室・4

 光源のあった場所には、一人の男性が立っていた。光を放っている自体、人間としてはあり得ないことなのだから、やはりそこに立っているのは人間では無いのかもしれない。しかしながら、それを素直にサクラに伝えたところで彼女がもっと怯えるのは到底目に見えている。だから、どうすればいいかって話だけれど――。

「もし、そこの少年」

 そんなことをしているうちに、声をかけられた。
 少年という年齢でもないわけだが、だからといってここでそれを否定したところで物語が進むわけではない。
 とにかく、その人間と話をすることにした。

「……どうかしましたか?」
「いや、ちょっと目に入ってね。……どうして君たちはここに居るのかね。ここは私の店だ」

 それを聞いて俺はピンときた。
 古くにメリューさんから聞いた、このお店ができるまでの物語。確かその時の話を思い出すと、ここにはかつて別の人間が経営する喫茶店があったはずだ。
 ということは、今目の前にいるのはそのマスター……?

「なあ、どういうことだ。私の店は、別の人間に売られてしまったのか。今、どうなってしまっているのかを教えてくれ。……私はこんな身体だから、動くことが出来ないのだよ」
「……このお店は、今はあなたの言う通り別の人が経営しています。そして、俺も、その人に雇われている身です」
「そうか。……やはり、ボルケイノは潰れてしまったということなのか」
「いえ。ボルケイノは潰れていません。人は変わってしまいましたが、ボルケイノの看板はそのまま。下げてなどいません。まだあなたの意志は、受け継がれています」

 それを聞いて俯きがちになっていた男性は、ゆっくりと顔を上げた。
 そんなこと信じられない、といったような感じで。

「今はだれが……?」
「ええと、それは……。たぶん、あなたの知らない方になるかと……」
「それにしてもお前さん、ドラゴンのにおいがかなりしみついているな。……それでお店をやっていけているのか? まあ、あの店は昔から冒険者ばかりやってきていたから問題ないといえば無いのかもしれないが……」

 そこで彼は何か思い出したかのように、柔和な笑みを浮かべる。

「そういえば、昔ドラゴンの子供を助けたことがあったな。庭に弱ったドラゴンの子供が居たものだから、ミルクを与えて傷を手当したらとても喜んでいたな……。あのドラゴンは今も元気だろうか」
「ドラゴンの子供?」

 それって、もしかして――。

「ねえ、ケイタ! 何か、見つかった?」

 階段の前に立ち尽くしているサクラに呼びかけられた。
 やばいな、そろそろ戻らないと、彼女の恐怖度もピークを迎えるだろう。そう思って、俺は踵を返した。

「……なあ、少年よ」
「はい?」

 声をかけられたのは、ちょうどその時だった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く