(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

定休日のお客さん・前編

 今日は定休日。普通ならば、お休みを頂くのでボルケイノに行くことはない。
 だが、その空いているタイミングを利用して俺はカウンターで勉強をしていた。理由は単純明快――。次の試験で赤点をとると、冬休みの課題が倍になってしまうためだ……!
 そういうわけで俺は桜を呼び寄せてカウンターで勉強会と洒落込んでいたわけだ。

「だから、そこに代入しちゃいけないんだって。それをすると計算が面倒になるから、先ずは与えられた式をある程度整理しないと」
「あー、成る程。……というか、桜はほんとうに頭がいいよな……。勉強とかしているわけ?」
「そりゃあ、勿論。ここでの休憩時間にもしているし、家に帰っても毎日二時間は勉強しているわ」

 そりゃあ、成績も上位をキープしているわけだ。
 少なくとも、そんな生活俺がしてみたら一週間も持たないだろうな。

「別に勉強をするな、とは言わないが……、少しは休憩しないと、やる気が持たないぞ。どうだ、二人とも。食事にするというのは?」

 そう言ってきたのは様子を見に来たのか、カウンターにやってきていたメリューさんだった。それにしてもメリューさんは定休日でもメイド服を着ているのか。いったい何着替えを持っているのだろうか? あまり考えないほうがいいかもしれないし、本人に質問するなんてもっての外かもしれないけれど。
 メリューさんはニコニコこちらを見つめていたが、どうしてそんな表情をしているのかさっぱり理解できなかった。
 対してそれに賛同したのは桜だった。桜はシャープペンシルを置いて、伸びをすると立ち上がる。

「そうしましょうか。私、手伝いますね。あ、ケイタはあとその問題が解けるまで待っていてね。私とメリューさんで準備をするから」

 そういわれてしまったら、準備なんて手伝えるわけもなく。
 仕方なく、俺は桜から言われた宿題を片付けることにするのだった。


 ◇◇◇


 料理が出来上がったのは、それから十分くらい経過してのことだった。実際にはもう少し経過していたかもしれないけれど、実際に時計を見ながら勉強をしていたわけではないから、曖昧な時間ということになってしまう。
 ちょうど宿題が解き終わったタイミングだったので、「待っていました!」という感じだった。シャープペンシルを机に置いて、ノートと教科書を片付け始める。

「あら、ケイタ。宿題は終わったの?」
「バッチリだよ。取り敢えず、あとで見てもらっていいかな」
「いいけれど……。まあ、いいわ。取り敢えず、カウンターに置くから持って行って」

 そう言って桜はカウンターの上に大皿を置いた。それにしても大きい皿だな、いったい何をよそっているのだろうか……。そんなことを思いながら大皿を俺の前に置いた。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く