話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

勇者の晩餐・中編

「お待たせしました」

 俺はそれをカウンターに置いた。正確に言えば、その甲冑を着た少年の前、といったところか。まあ、別にそんな細かいなことは言わなくていいだろう。
 それを見た少年は目を丸くしていたが、その時の俺はあまり気にしなかった。
 そうして、わなわなとしていた少年はゆっくりとスプーンを手に取って、そのシチューを啜る。
 そして少年は――ゆっくりと俺に問いかけた。

「……なあ、マスター。この料理を作ったのは……いったい誰だ?」
「誰、って……。ここのメイドですよ。ただまあ、その人が食べたいものの味を完璧に再現出来るだけで」

 言っていることは決して間違っていない。
 だからこそ、聞いた人間はそれについて違和感を抱くに違いなかった。

「そんな……それだけで、信じられるはずがあるかっ!」

 激昂するのにも、何か理由があるのだろうか。
 机を叩いて、文句を言いたそうにしている少年。
 はっきり言って、クレームはお断りだ。そう思って俺はおかえり願おうと思った。
 ちょうど、その時だった。

「お客さん。そういう風に対処出来なくなって困る気持ちも解るけれど、お店の設備に八つ当たりしないでくれないかねえ。それが壊れて修理するのはこっちなんだからさ」

 キッチンの向こうから、メリューさんがやってきた。
 メリューさんを見てさらに少年は驚く。まあ、普通に考えればメリューさんには角が生えているから、人間じゃなくて魔物か何かと思い込む人も多くないだろう。
 剣を手に取って、今にでも斬りかかりそうな目つきをする少年を見て、メリューさんは溜息を吐く。

「リーサ」

 短くその名を言うと、少年の手から剣が離れた。

「な……っ!?」
「ごめんなさいねえ、こんな手荒な真似をして悪いとは思っているんだけれどさ。でも、先に手を出したのはそちらだから、それくらい理解してもらってもいいと思うのだけれど。いずれにせよ、この店はあくまで喫茶店。自由勝手にバトルなんて始めてもらっちゃ困るんだよね」

 メリューさんは鋭い目つきで少年を睨み付けた。
 そしてもう少年には戦意など見られなかった。

「……済まなかった。つい動揺してしまって……。だって、これは……」
「あなたの母親が作ったシチュー、そのものだったからでしょう?」

 少年が言おうとした言葉に、メリューさんが続けた。

「そう、そうだ……」
「私にはお客さんが今食べたいメニューが解る。だからこそ、見えたのよ。あなたが食べたいものが……、あなたの母親が作るシチューだって」

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く