(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

羊使いとプリンアラモード・1

 ドラゴンメイド喫茶、ボルケイノ。
 そこのお得意さんである羊使いのヒリュウさん。
 いつも狼を連れてきているヒリュウさんはプリンアラモードを食べている。
 今日は、そんなヒリュウさんのお話し。


 ◇◇◇


「ヒリュウさん……珍しいわね。いつもなら、この時間にやってくるはずなのに」

 はじまりはメリューさんの言葉だった。
 時刻は午前十時。ボルケイノがオープンしてから一時間。いつもならこの時間くらいにはやってきて、いつものようにプリンアラモードを食べるのだが……。
 何か、心配だ。
 そして心配なのはメリューさんも一緒だった。

「心配だな。ちょっと、ケイタ。リーサとともにヒリュウさんの家に向かってくれないか? ヒリュウさんも年だし、何かあったかもしれない」
「ヒリュウさんの家ってことは……カルノー山脈でしたか?」

 カルノー山脈。
 ある世界の、とある国。その中心に位置する巨大山脈のことだ。放牧が盛んにおこなわれていて、ヒリュウさんも代々羊飼いとしてそこに住んでいる。そのカルノー山脈の麓にある町、ボルケイノの扉はそこに繋がっている。

「そうだ。ヒリュウさんはうちのお得意さんだ。だからこそ、心配なんだよ。それくらい解るだろう? それにリーサはあまり外の世界に慣れていない。今後どこかに一人で買い物をしてもらうこともあるだろうよ。私はこの仕込みが忙しいから……頼めるのがケイタ、お前しかいない。解るな?」

 そこまで言われては仕方ない。そう思って、俺はリーサとともに出かけるためリーサを呼びに店の奥へと向かうのだった。
 リーサと俺の準備が出来たのはそれから十五分程経過してからだった。メリューさんが作ったヒリュウさんへの『お土産』も持っている。何やら特殊な器に入っているようで、ある程度の振動なら吸収してくれるらしい。何だよ、そのオーバーテクノロジーは。

「それじゃ、行ってきます」

 そして、俺とリーサはボルケイノの扉をくぐった。


 カルノー山脈、その麓の町イスリア。
 俺とリーサはそこに到着した。

「何度見ても思うけれど、この町はほんとうに長閑だよな……」

 石畳の床、石壁の家、人は少ないが誰も皆笑顔だった。
 物は無いが、それについて不満は無いように見える。それが、この町の人たちだった。

「ケイタ。あなたもこの町に来たことがあるの?」
「何度か、ね。ヒリュウさんに羊肉とミルクを買いに来たことがあるよ」
「ふうん……。いい街だよね。空気もいいし、人もよさそうだし」

 リーサは鼻歌を歌いながらそう言った。どうやら上機嫌のようだった。
 リーサがそう思ってくれているならそれはそれで大変ありがたいことだと思う。

「……それにしてもこの町のどこにヒリュウさんは?」
「この町には居ないよ。正確に言えば、この町の高台に居る。カルノー山脈の雄大な土地を使って羊を飼っているからね」
「あら、あなたたち。ヒリュウさんに会いに行くのかい?」

 声の聞こえた方向に振り向くと、そこにはお店があった。野菜や肉、嗜好品など雑貨を売っているお店のようだった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く