(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

夏バテ防止の秘訣・前編

「……ふうん。それは夏バテ、ね」

 いつものように仕事をしていたはずだったのだが、気づけば俺はメリューさんの面談を受けていた。いったい全体どうしてこうなってしまったのか、さっぱり理解できないのだが、メリューさん曰く、「ケイタ、お前疲れているように見えるが、大丈夫か?」とのことだった。
 そんなに疲れているように見えるのかな、と思ったが最近は夏休みの宿題を片づけたりその他用事が建て込んだりしていたのを思い出した。もしかしたらそれで疲れているのかもしれない。

「お前、食事をとっているか。あー、いや、三食とっているかどうかではなくて、量だ。夏だから、忙しいから、といって少なめにしていないか?」

 それを言われて俺は耳が痛かった。確かに最近はそうだった。忙しいことを理由におにぎりで済ませることが多かった。サクラがそれについて怒ってくることもあったが、耳を貸さなかった。
 まさか、それが原因なのか? でも、身体では疲れているようには見えないのだが……。

「一応言っておくが、身体では感じていないから疲れはない、というのは短絡的な考えだから、考えないように。お前、そんな生活をしていたらいつか倒れるぞ?」

 メリューさんはそう言うが、学生には学生の大事な日常があるので、それについては仕方ないことだと思っている。それに、ボルケイノの次元ははっきり言って俺の世界とはまったく違う時間の進み具合だし。ここで八時間仕事しても、俺の世界では二時間しか経過していないし。
 メリューさんの話は続く。

「とにかく! 力をつけることは大事だ。スタミナ、ってやつだな。仕事中に倒れてみろ? 文句を言われるのは、お前を雇っている私だ。それくらい注意してもらいたいものだな。取り敢えず、今日の賄いはスタミナがつくものにしようか。そうだな……、スタミナがつくものか……。まあ、楽しみに待っていろ。それまでは倒れるんじゃないぞ、絶対に」

 そんな無理難題な約束を勝手に押し付けられて、俺はそのまま午前の仕事へ移るのだった。


 ◇◇◇


 そして昼休憩の時間がやってきた。ドアにかけられた札をクローズにして、俺はキッチンに居るメリューさんに声をかけた。

「昼になりましたけれど」
「あ、もうそんな時間。まあ、もうできているけれど」

 そう言ってメリューさんはトレーに乗せられた丼とお椀を指さした。

「これが今日のご飯ですか」
「そう。メリューさん特製夏バテ対策メニューなのだ!」

 なんか口調変わっていませんか?
 そんなことを言いたくなったが、取り敢えず昼休憩だ。食事時間込みで一時間。この時間は大事にしておかねばならない。そう思って俺はトレーをもってカウンターへと向かった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く