話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

ダークエルフの憂鬱・中編

「メニューは無いのか?」

 そう言ったところ、マスターが陳謝した。

「ここは、メニューは無いんですよ。代わりに、あなたが一番食べたいものを提供することが出来ます。それが唯一のメニューとも言えますね」

 食べたいメニューが?
 いったい何を言っているのかさっぱり解らないが――とにかく待つしかない。どうやらこの部屋には優しい雰囲気があふれているように見える。ここに入ったばかりの時には気づかなかったが、どうやら結界のようなものを張っているらしい。

「少々お待ちください。たぶん、直ぐにやってくると思いますから」

 そう言ってマスターはカウンターの裏にある――厨房へと顔を向けた。


 ◇◇◇


 少しして、確かにそのマスターの言ったとおりに料理は運ばれてきた。しかも運んできたのは、赤髪のメイド――肌にドラゴンの皮膚のようなものがあるから、おそらくドラゴンメイドになるのだろうか――だった。

「お待たせしました、料理になります」

 コトリ、とカウンターに置いた料理から湯気が立ち込めていた。僅かの時間でこれほど暖かい料理を作ることが出来るのだろうか? 答えは否、だろう。少なくとも、私が知っている技術ではこのような時間で作ることは不可能だ。
 ならば、どうやって作っているのか? そんなことを考えてしまうが――少ししてそれは野暮だと結論付けた私は、両手を顔の前に合わせた。
 イタダキマス。これは確か命を頂く挨拶であると小さいころに教育された。
 我々は生きていくうえでエネルギーを摂取する必要がある。そのエネルギーを摂取するために一番効率がいいのは、肉を食べることだ。もちろん、肉を食べるということはその命を食らうことに等しい。だから、感謝の気持ちを示すのだ。そのために、『イタダキマス』という言葉を使う。
 それにしても――この料理は何だろうか? 食べたい料理、とは言っていたがあまりそのようには思えない。やはり、食べたい料理を出すのはうそだったのか? そう思いながら、私は銀のスプーンを手に取って、スープを掬い上げる。少しだけとろみのあるスープだったが、あまりそういうことは気にならなかった。たぶん野菜を煮込んでいるのだろう。
 それを口に運び、啜る。
 すると口の中に野菜の深み、甘味、旨味が口の中に広がった。

「……これは……!」

 これは、今までに食べたことがない!
 まさに究極の料理ではないか!
 スープの海に浮かぶ肉の塊。これを今度はスプーンで掬って口に運ぶ。噛むたびに肉の旨味が肉汁として口の中に広がっていき、こちらもスープの味と合わさって最高のフレーバーを生み出している。

「それにしてもこのスープの酸味と甘味は……」
「それはトマトという野菜ですよ。こちらではあまり馴染みがないかもしれませんが」

 マスターがそう言って、私は首を傾げる。
 トマト。確かにそのような野菜は聞いたことがない。酸味と甘味を生み出す野菜――きっと私の国にそれがあれば、料理の幅が広がるのだろうな。
 半分ほど食べたところで、私はあるものに目が行った。
 皿の上に載っている、数個のパンだ。小さいパンで、手に余るほどの大きさ。持つとカリカリしていて、よく焼きあがっているようだった。

「パンは……普通に食べていいのか?」

 私の国では、パンはパンだけで食べる。スープとパン、という組み合わせはあり得ないことだった。
 マスターは私の質問を聞いて笑顔で頷いた。

「ええ、それを適当な大きさに千切って、スープに付けるんです。それもまた、美味しいですよ」

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く